インタビュー

建築

内山 頼もしいお言葉です。現場ではお住まいの方と接する機会も多くなると思いますが、日頃から意識して取り組んでいらっしゃることは何かありますか?

束原 明るく元気なあいさつをしたり、何気ないコミュニケーションを取ったりして、皆様に安心感を与えられるよう心掛けています。多くの方が住んでいらっしゃる建物の中で仕事をするからこそ、そうしたマナー面や身だしなみについては特に気を付けているんです。

若い職人のリーダーとして

内山 お話を伺っていて、代表がとても生き生きとお仕事をされていらっしゃる様子が伝わってきます。ご自身の中では、どんなところにやりがいを感じていらっしゃいますか?

束原 やはり、お客様から直接「ありがとう」と感謝の言葉を掛けて頂けることですね。私たちがメインで施工する屋上やベランダは、普段から誰もが目にする部分ですから、施工前と施工後の変化はすぐに気付いて頂けますし、だからこそ「しっかりとした仕事をしなければ」という責任も感じるんです。

内山 この先も組織としてまだまだ成長していかれることと思います。今後のビジョンについてはいかがですか?

束原 今まで、たくさんの方との良縁に恵まれ、皆様に支えられながら事業を拡大してこられたと思っています。これからも人とのつながりを大切にしながら、法人化を目指して努力し続けるつもりです。そのためには、優秀なスタッフをそろえることが必要不可欠ですから、新しい人材の雇用と育成にも力を入れていきたいと考えています。

内山 代表の下になら、きっと頼れる仲間がたくさん集まってくることと思います。では最後に、これから出会う未来のスタッフさんたちへ向けて、一言メッセージをお願いできますか?

束原 防水工事の仕事は簡単ではありませんが、その厳しさを乗り越えれば必ず人として成長できます。実際、私自身が心からこの仕事を楽しんでいるので、その魅力を1人でも多くの仲間に伝えていきたいです。「若い世代でこの業界を支えていくんだ」くらいの気概を持って、一緒に頑張っていきましょう。

GUEST COMMENT

内山 高志

「束原工業の名前がブランドになるくらいの活躍をしたい」と力強く語ってくださった束原代表。お若いながら明確なビジョンをお持ちで、今後の飛躍が心から楽しみになりました。代表のような方の言葉が、若い世代に一番響くでしょうから、若手職人たちのリーダーのような存在として、これからもぜひ優秀な人材をたくさん育てていかれてください!

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則