インタビュー

建築

総合設備工事 ケイホク

代表 原 健樹
父が経営していたエアコン工事を専門に手掛ける会社で働いていたものの、視野を広げるため別の会社へ転職。その後、家業へ戻り経営に携わる中で、次第に独立を考えるようになり、「総合設備工事 ケイホク」を設立した。

工事部 主任 藤田 光
学生時代は自動車整備学校に通う。卒業後は異業界で経験を積んだ後、原氏と出会い入社。現在は、工事部主任として日々精進している。

総合設備工事 ケイホク
[浦安事業所] 〒279-0026
千葉県浦安市弁天1-1-3
[本店] 〒176-0004
東京都練馬区小竹町1-49-9
URL https://keihokuelec.web.fc2.com/

内山 まずは、原代表のこれまでの歩みについてお聞かせください。

 私の父が、エアコン工事の会社を経営していたこともあり、学生時代から手伝いをしていました。その後、一度は別の会社に入りましたが、父親が体調を崩してしまい、私と弟が後を継ぐことになったのです。次第に、独立を志すようになり、当社を設立しました。

内山 お二人の出会いというのは?

藤田 以前より、私の両親と原が知り合いだったんです。そして、私が前職を辞めた日に偶然、原と話をする機会がありまして。話しているうちに、原が「一緒に働こう」と誘ってくれたことを機に、こちらへ入社した次第です。

内山 では、改めて事業内容について教えてください。

 当社では洗浄機の設置、洗浄機能付き便座への交換といった水回りの工事、給排水管の分岐・新設工事やエアコン工事、LED照明の新規取り付け工事、防犯カメラの取り付けなど住宅設備の工事を幅広く請け負っています。その中で、約30年にわたって積んできた経験を生かし、迅速に高品質なサービスを提供しているんです。

藤田 また、私は工事部の主任として、会社の方針を決めたり、営業を行ったりしています。日々勉強しながら、お客様のお悩みを解決へ導くご提案を心掛けているんです。

内山 それは頼もしいですね。住宅設備のことで困ったら安心してこちらにお任せできそうです。

 ありがとうございます。私は藤田や他の若いスタッフに対して、これまでの経験で得た技術や、知識を惜しみなく指導しておりまして。例えば、現場で職人の方の技術をきちんと見ることや、壁の中の構造が分からない際は、なるべく電動工具を使用せずに手作業で念入りに施工をするよう伝えているんです。
 その一方で、現場で中心となって働く若いスタッフの考えを柔軟に取り入れ、サービスの向上に日々努めています。

内山 そんな代表の下には、これからも多くのお客様やスタッフが集まってくるでしょうね。

藤田 私がこの会社で働き続けたいと思えるのは、まだ経験の浅い私やスタッフの意見に耳を傾けてくれる原の姿勢に惹かれているからなんです。さらに原は、スタッフだけでなく、お客様のことも本当に大切にしているんですよ。

 この仕事では、技術を磨くことに加え、お客様とのつながりも重要だと考えております。これは父の教えでもあるんです。そこで、私はアフターフォローを徹底し、一度担当したお客様の顔や名前をしっかりと覚えることを大切にしています。また、志を高く持って仕事をすることが私のモットー。今後はそうした私の意志を次の世代に引き継ぎ、業界全体の質の向上に貢献していきたいです。

GUEST COMMENT

内山 高志

確かなキャリアと知識があり、仕事に対する熱い信念をお持ちの原代表と、その思いを受け継いでおられる藤田主任。お二人のような方がいらっしゃる会社になら、エアコンの取り付けなどの住まいの工事も安心して任せられると思います。今後も志を高く持ち続け、ご活躍なさってくださいね。


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則