インタビュー

建築

石黒 これだけ環境が整っていれば、社員の方たちも生き生きと働くことができそうです。他にも、社長ご自身が現場に出る際に気を付けていらっしゃることは何かありますか?

佐々木 お客様と接するときは、飾ることなく、内装に対する自分の思いを素直にぶつけていくことを大切にしています。専門的な部分について分かりやすく説明させて頂くのはもちろん、打ち合わせを進める中で節約できそうだと感じたことに関しては「ここはお金をかけなくても良いかもしれません」とお客様目線でご提案させて頂いているんです。そうした真摯な姿勢を貫くことが、次の仕事へもつながると思いますから。

楽しんで仕事ができる会社に

石黒 お話の端々から、社長の事業へ対する情熱が伝わってきます。ご自身の中で、ここまで頑張れる原動力はどこにあるとお考えですか?

佐々木 店舗様や企業様とお付き合いをさせて頂くことが多いので、私たちがデザインした空間で実際に働かれる姿を見られたり、盛り上がっていく雰囲気を感じられたりすると、この仕事をやっていて良かったと思うんです。お客様の将来が明るくなっていくことが私たちの何よりの願いですし、常にその責任を担っているのだという気概を持って仕事に臨むようにしています。

石黒 そんな社長のもとには、この先も数多くの依頼が舞い込んでくると思います。会社としての今後のビジョンについてはいかがお考えでしょうか。

佐々木 私は、社員たちは自分にとってのお客様だと思っており、彼らには心から楽しんで仕事をしてほしいと願っています。まずは安心感のある会社づくりに努めながら、内装や空間デザインに興味を持つ人を増やし、この業界への恩返しをしていきたいですね。そうして、当社の事業を通じて多くのお客様に空間の魅力を伝え、新しい文化を生み出すような空間づくりをしていけるよう、今後もチーム一丸となって、スピード感のある仕事を続けてまいります。

GUEST COMMENT

石黒 彩

「現場では自分より年上の職人のほうが多いので、しっかり意見に耳を傾けたり、イメージをすり合せたりして無駄を省いていきます」と語っていらっしゃった佐々木社長。新しい手法を積極的に取り入れつつ、周囲の人間関係の構築にも余念がなく、その視野の広さに感銘を受けました。若い世代の旗頭として、ぜひこの先も内装業界を盛り上げていかれてください。

1 2


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則