インタビュー

建築

株式会社 リズムワーク

学生時代にインテリアに興味を抱き、専門学校を卒業後は内装工事会社に就職。仕事をする中で「空間」に魅力を感じるようになり、空間デザインの道を追求していくことを決意する。2013年に(株)リズムワークを設立し、現在は店舗を中心にさまざまな建物の内装デザイン、設計、施工を手掛けている。

株式会社 リズムワーク
住所 〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西7丁目1 3F
TEL 011-212-1493 / FAX 011-212-1495
URL https://www.rhythm-work.com/

北海道札幌市を拠点に店舗や住宅の内装工事を手掛けている(株)リズムワーク。現場での連携を重視する佐々木社長は、作業進捗を共有する最先端のアプリを導入するなど効率化を進めている。その独自の経営理念について、タレントの石黒彩さんが話を伺った。


空間の魅力に惹きこまれて

石黒 まずは、佐々木社長が内装工事の世界へ入られることになったきっかけからお聞かせ頂けますでしょうか。

佐々木 実は、高校生のときに好きだった子の趣味がインテリアで、気を引きたいという単純な理由で自分も「空間」に興味を持ち始めたんです。しかし、実際に関わってみると想像していた以上に面白くて、「もっと専門的に学んでいきたい」という気持ちが強くなったことから、内装工事会社に就職しました。

石黒 好きな人がきっかけで自分の道を見つけられるなんて、素敵なエピソードですね!独立されることは、入社当時から考えていらっしゃったのですか?

佐々木 最初はあまり意識していませんでしたが、やはり会社員だと朝から晩まで仕事に追われるばかりで、なかなか先を見通すことが難しかったので、自分の理想とする空間設計を追求していくためにも、自然と独立を考えるようになりました。そうして着実に準備を進めて、27歳のときに起業したというわけです。

石黒 同じ業界とはいえ、ゼロから再スタートされるのは大変なことです。苦労されたことも多かったのでは?

佐々木 そうですね。お客様も前職から引っ張ってくるようなことはせず、新規開拓のみでやっていこうと決めていたので、その分スタート時は苦労しました。ただ、周囲の方が支えて下さったり、知り合いがお客様を紹介してくださったりしたおかげで徐々に経営を軌道に乗せ、今日まで歩んでくることができました。本当に、皆様には感謝しかありません。

緻密な現場管理で施工の品質を向上

石黒 現在は、どういった現場を手掛けていらっしゃるのでしょうか?

佐々木 当社では、札幌市内の店舗を中心に、マンションやアパート、住宅、オフィスなどの内装工事を、空間設計からデザイン、施工まで一貫して手掛けています。机の配置1つから、建物全体の設計まで、あらゆる規模のニーズにお応えできる柔軟性が私たちの武器です。

石黒 なるほど。内装のことなら何でもお任せできるエキスパートなのですね。
佐々木 はい。デザインの根幹部分は私が担い、それを現場のスタッフたちにしっかり伝達することで、常に高品質な施工を実現しています。いかに細かく指示を出せるかが、そのまま仕上がりの差につながってくると考えていまして。現場でデザインや設計に関するスケッチを描くことはもちろん、どんな状況にも的確に対応するための社内マニュアルも作成しているんです。

石黒 それは素晴らしい。建設業界には「仕事は見て覚える」という慣習が残っているイメージがありますが、社長はそこから脱却されて、非常に合理的かつ効率的な職場環境を整えていらっしゃるのですね。

佐々木 当社には若くて優秀な社員が揃っていますし、そういう意味でも私が新しい体制を確立していかなければならないと思っています。現場では作業進捗をリアルタイムで共有できるアプリも導入しており、緻密なスケジュール管理が可能です。また、お互いの価値観を共有するために、社員旅行や食事会など業務外のイベントも頻繁に開催しています。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則