インタビュー

スペシャリスト

株式会社 サングイス

学業修了後は大手運送会社に就職し、約20年にわたって物流の知識やノウハウを身に付ける。そこから知人が立ち上げたアパレル通販会社に移り、物流担当として物流倉庫の構築を行うなどコンサルタントとしての実績も積む。2018年に独立し、(株)サングイスを設立した。

株式会社 サングイス
住所 〒279-0041
千葉県浦安市堀江3-21-1
URL https://sanguis-t.com/

石黒 こちらは物流業界に特化したコンサルティング会社だそうですね。これまでの経緯からお聞かせ頂けますか?

玉岡 私はかつて、大手運送会社に約20年間勤務し、そこで物流の基礎を一から学んできました。その中で、自分の担当エリアにレディースファッションの通信販売事業を手掛けていた方に出会いました。取り組みを応援したい気持ちから、その会社へ移って物流倉庫の構築を担当したんです。その後、蓄積してきたノウハウをより多くの方の役に立てられればと思い、当社の設立に至りました。

石黒 なるほど。物流の世界を一筋に歩んでこられたご自身のキャリアを最大限に発揮されるべく、新たなステップへと進まれたのですね。現在はどういった案件に対応していらっしゃるのでしょう。

玉岡 基本的には、物流のことであれば何でもご相談頂けます。特に力を入れているのは、中小企業様に向けたECサービス立ち上げのフォローアップや、返品のコストを削減するリバースロジックの構築です。通常、物流は企業から消費者へ向かうものですが、最近は返品可能な販売サイトが増えていることもあり、消費者から企業へ向かう物流も増えてきています。返品の送料は販売側が支払うことが多いため、そうなると売り上げが出ていないのに二重に送料が発生し、企業様の負担が大きくなってしまうんです。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則