インタビュー

建築

どんな要望にも即時対応

水野 現在は具体的にどのような案件を請けていらっしゃるのですか?

大澤 当社は一般のお客様向けに、ご自宅の壁紙・床の張替えを中心とした内装工事を手掛けさせて頂いています。また、他にもエアコンやトイレ、洗面所といった設備関係の施工にも対応しており、内装のことなら一棟丸々、何でもお任せ頂けるチームになっているんです。

水野 かなり幅広く依頼できるのですね。その分、お客様からのご要望も複雑になってきそうですが、そこはどのようにカバーしていらっしゃるのでしょう。

大澤 施工現場には必ず私自身が足を運ぶようにしているので、お客様のご要望を直接お伺いした上で、すぐに返答をさせて頂くようにしています。大手の建設会社だと、現場に来るのは営業マンであることが多いですから、小さな要望でも一度持ち帰って上司に確認しなければならず、お客様を待たせることになってしまうことも。当社でしたら、より直接的なコミュニケーションで、ご要望に即時対応させて頂けますよ。

水野 それは頼もしい。新築と違って、リフォームはすでにお客様が住まわれている家が現場になりますから、しっかりとした対話ができる方が来てくださるのは、安心感にもつながると思います。

大澤 おっしゃる通りです。だからこそ、一緒に働く仲間たちにも、常々「お客様はどういう人が来るのか不安に思っておられる、とにかく明るくあいさつをして、積極的に会話をしていこう」と伝えています。仕事の話に限らず、他愛のない世間話や、お子さんがいらっしゃれば危なくない範囲で作業を見せるなど、少しずつ距離を縮めていくことで、お客様の緊張もほぐれ、気軽に頼みごとができる雰囲気ができあがると思うんです。

「会って良かった」と言われる人物に

水野 お話を伺っていると、代表のお客様に対する真摯な姿勢が伝わってきますし、良い意味で、職人さんらしくない接しやすさを感じます。そこまで人のために頑張れる原動力は、ご自身ではどこにあると思われますか?

大澤 やはり、何もない真っ白なボードの上に、お客様が選んだクロスを貼ってきちんと仕上がったときは、この上ない満足感と達成感を得られますね。喜んでいらっしゃるお客様の顔を見られただけで「やって良かった」と思いますし、クロスは家の中でずっと目に入る部分という意味ではかなり重要性が高く、そこの仕上げを任せて頂けるということに、誇らしさも感じるんです。

水野 この先もますます成長していかれることと思います。会社としての今後のビジョンについてはいかがですか?

大澤 今、業界全体で人手不足が問題視されていますが、職人の仕事をAIやロボットで代用することは難しいと私は考えています。だからこそ、これからは自分の教員時代の経験も生かして、高校や大学へ赴き、この仕事の魅力をアピールしていくつもりです。そうして若くて優秀な人材をチームに迎え入れ、業界を盛り上げていければ嬉しいですね。

水野 では最後に、これから出会われる方たちへメッセージをお願いします。

大澤 お客様でも職人でも、私と出会ったことによって人生が良いほうに変わったという方を1人でも増やしていきたいというのが私の思いです。「あなたに出会えて良かった」と言って頂けるよう、これからも全力で事業に打ち込んでまいりますので、内装関係のことでお困りの方は、ぜひ当社にご連絡ください。

GUEST COMMENT

水野 裕子

「人と人が手をつないでハートをかたどるロゴマークには、信頼関係を大切にしたいという思いが込められているんです」と語っていらっしゃった大澤代表。常に和やかな表情で、こちらの質問にも一つひとつ丁寧に答えてくださり、とても安心感がありました。ぜひその対話力を武器に、これからもたくさんの方を笑顔になさってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則