インタビュー

建築

安心・安全を徹底する

西岡 こちらでは、どういった事業を手掛けていらっしゃるのでしょうか?

大谷 当社では、高層マンションやビルを中心に改修・新築を問わず幅広い足場工事を手掛けており、私自身も現場に赴くようにしています。高所作業が伴う仕事なだけに、現場では安全面に何より注意を払い、不注意な行動や危険を察知した場合は全員で声掛けをすることを徹底しています。そうした環境をつくっていれば、職人たちは安心して作業に集中できると思うんです。

西岡 これまでに複数の立場で現場に携わってこられた代表だからこそ、そうした俯瞰的な視点を持てるのでしょうね。ご自身がお仕事をされる上で、心掛けていらっしゃることはありますか?

大谷 現場でいろいろな方と接する機会が多いので、「苦手な人をつくらない」ということをいつも念頭に置いています。人というのは、第一印象が良くないとそれだけで苦手意識を抱いたり、変なレッテルを貼ったりしてしまうもの。しかし私は、できる限りそうした先入観を取り払って、苦手そうな人には逆に自分から話し掛けにいくくらいのつもりで積極的にコミュニケーションを取るようにしているんです。そうすれば、いざ大事な話をするときでも相手の懐にすっと入って、お互いに納得のいく着地点を見つけることができると考えています。

関西一の総合建設会社を目指して

西岡 お話を伺っていると、足場工事の世界だけでは収まらないような、代表のスケールの大きさを感じます。ここまで走り続けられるエネルギーの原動力は、どこにあるとお考えですか?

大谷 私の中では、家族の存在が大きいですね。家族がいるから、頑張ろうと思いますし、安心させてあげたいという思いが強いんです。そして、この先従業員が増えていった際には、その家族たちも含めて安心させられるよう、全力で守っていきたいと思っていますよ。

西岡 では、会社としての将来のビジョンについてお聞かせください。

大谷 個人事業主ではどうしてもできることに限りがありますから、まずは社会的な信頼をさらに獲得するためにも、法人化を目標にしたいですね。
 そして個人的には、国家資格である1級建築施工管理技士を取得し、より現場の統括力を高めていこうと思っています。そうして今の事業の地盤をしっかりと固められたら、新しい事業にも挑戦していきたいですね。最終的には関西一の総合建設会社になるという目標も持っているんです。

西岡 壮大な計画を立てていらっしゃるのですね。今後ますますのご活躍が楽しみです。

大谷 ありがとうございます。やるからには、とことん向上していきたいという気持ちがありますし、勤務時代に安全な現場づくりで大手建設会社から表彰されたこともありまして。そんな自分なら、きっと実現できると思っています。そのためにも、まずは目の前の目標を一つずつクリアしながら、次のステップへ進めるよう歩み続けてまいります。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

「人と話をするのが本当に好きで、時には仕事と関係ない話のほうが長いこともある」と語っていらっしゃった大谷代表。堅苦しさが一切なく、和やかにお話ししてくださるので、「この人になら何でもお願いできそうだ」という雰囲気を感じました。どんな困難にも打ち勝ってきた代表なら、きっと関西一の建設会社になる夢もかなえられると信じています。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則