インタビュー

IT

矢部 頼もしいお言葉です。それだけ、各分野に精通したスタッフさんたちを揃えられているということですね。

中尾 ええ。当社の強みは人材力であるとはっきり言えるくらい、自慢のスタッフが揃っています。だからこそ、私の役割はお客様の元にお伺いし、大まかなご要望や指針をお聞きした上で、専門のスタッフにつなぐことなんです。そこから先の作業や仕上がりに関しては、それぞれの実力を信用して任せています。

矢部 社内での信頼関係が築かれていることはもちろん、連携も取れていらっしゃるからこそ成り立つ業務形態なのでしょうね。スタッフの方に普段から伝えていらっしゃることはありますか?

中尾 基本的には「好きなようにして良い」と伝えていますね。私から仕事のやり方についてあれこれ言うことはほとんどありません。しかしそれとは別に、コミュニケーションは積極的に取るように心掛け、最低でも月に一度は集会を設けたり、定期的に社員旅行を企画したりといった工夫はしています。その結果もあり、社内の結束力は強いですよ。

夢をかなえ続ける企業に

矢部 お話を伺っていて、社長が充実感を持って事業に打ち込んでいらっしゃる様子が伝わってきます。ご自身の中で、ここまで頑張れる原動力はどこにあるとお考えでしょうか?

中尾 結局は、仕事を通じてお客様から頂ける「ありがとう」が、何よりの力になっているのだと思います。当社は「皆のため、自分を磨こう」という言葉を社訓として掲げており、誰かに喜んで頂くことを想像しつつ、皆でスキルアップに努めているのです。

矢部 この先もますます成長していかれることと思いますが、会社としての今後のビジョンについてはいかがですか?

中尾 まずは、年内に社員を20人まで増員することを目標にし、中長期的には10年以内に数百人規模の会社へと成長できるよう、走り続けていきたいですね。
また、私は夢を100個書き出す企画をしているんです。こちらはまだ書き切っていないので、これから皆で埋めていけるよう1つずつ着実にかなえていければと思います。

社員と顧客をつなぐ恒例行事

13105_ex01

社内の結束力の強さを武器とする(株)コンサルリンク。中尾社長は社員が働きやすい環境を追求し、各種手当てや年1回の社員旅行など充実した福利厚生を実現している。その中でも、全社員が参加する毎年恒例のBBQは、取引先の顧客を招いて行われる一大イベント。普段とは違った場で新たな交流、そして親睦を深めているのだ。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

「グループ規模5000人」や「子会社20社」など、壮大な夢も書き出していらっしゃるという中尾社長。夢を持つ若者が減ってきている中で、そうした前向きな気持ちを抱き続けられることは素晴らしいと思います。私自身、夢は口にすることでかなっていくと考えているので、感銘を受けました。ぜひお仲間と共に、1つでも多くの夢を現実になさっていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則