• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 上田社会保険労務士事務所 代表 / 特定社会保険労務士 / MBA 上田 利博

インタビュー

スペシャリスト

上田社会保険労務士事務所

学業修了後は大手機械メーカーの営業部に就職。定年まで勤め上げる中で、スキル向上の一環として社会保険労務士やMBAの資格も取得する。その知見をより多くの経営者のために活用すべく、定年退職を迎えたタイミングで独立。「上田社会保険労務士事務所」を立ち上げた。

上田社会保険労務士事務所
住所 大阪府大阪市
URL https://www.jinji-uedat.com/

原田 上田代表は、勤めていらっしゃった会社を定年退職されて、新たにこちらの事務所を立ち上げられたそうですね。

上田 はい。新卒で大手機械メーカーに入社し、一筋に勤め上げてきました。初めは営業職だったのですが、人事部、経営管理部と異動を経験する中で、そのたびに必要な知識やノウハウを身に付けようと学校へ通い、社会保険労務士やMBAの資格を取得していたんです。そうして定年退職を迎えるタイミングで、「仕事を辞めて休むのは性に合わないし、今までの経験を多くの方のために役立てたい」という気持ちが芽生えたことから、独立開業する運びとなりました。

原田 勤務時代を全力で走り抜けられ、年齢を重ねるほどにパワーアップされるというのは尊敬します。若い人にはできない経験を積み重ねていらっしゃる分、アドバイスも説得力がありそうです。

上田 そう言って頂けると嬉しいですね。私には、「人事評価」と「経営戦略」という明確な得意分野があり、必ずや中小企業の経営者様のお力になれると思っています。人事評価に関しては、ノウハウがなかったり、人手を回す余裕がなかったりして基準が曖昧になってしまっている企業様が多いので、基礎的な仕組みづくりの部分からサポートさせて頂きます。経営戦略については、「戦略の根本は不必要なものを止めること」という指針に基づき、その企業様にとって本当に必要な事業や取り組みについて取捨選択の助言をさせて頂いているのです。

原田 頼もしいですね。お話を伺っていても、代表は物腰の柔らかい雰囲気で、優しく包み込んでくださるような安心感があって、一つひとつの言葉がすっと耳に入ってきます。

上田 ありがとうございます。自分の仕事で経営者の方に喜んで頂くことが一番のやりがいですから、知識を誇示しようという気持ちはもちろんありません。ただ、こうして開業したからには、自分でも納得できる仕事をしていこうという思いはあるんです。

原田 謙虚でありながらも、仕事へのプライドは持ち続けていかれると。そんな代表のもとにはこの先も多くの経営者様が助言を求めて集まって来ることと思いますし、今後が楽しみですね。

上田 現在は週に何度か前職の会社にも顔を出しており、二足のわらじで取り組んでいます。これからは社労士業務により本腰を入れていけるよう、積極的に情報発信に努めることはもちろん、人脈を広げて共に仕事ができる仲間を増やしたいですね。また、オンライン上で中小企業の経営者様や幹部の方向けに、「女性の働き方」や「ハラスメント対策」といった10の項目ごとにセミナーを受講できる「働き方改革アカデミー」というスクールも手掛けているんです。そちらも並行して運営しながら、1人でも多くの経営者様のために尽力してまいります。

GUEST COMMENT

原田 伸郎

事業とは別に、大学の非常勤講師まで務めていらっしゃるという上田代表。「いつまでも、自分のやりたいことを定めて1歩前に出ることが大切」と笑顔で語ってくださりました。60歳を過ぎてより輝かれるお姿に心から感服しましたし、これから還暦を迎えられる方たちの手本になるような存在だと思いました。


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則