インタビュー

スペシャリスト

名高 人とのつながりがあっていろいろなビジネスに発展しているのですね。

 ええ。私としては、フィリピンのためにできることをずっと考え続けてきましたが、まさかビジネスを立ち上げることになるとは思ってもいませんでしたね。現在、当社ではフィリピン人学生の日本への留学サポートをはじめ、フィリピンに進出する日本企業のコンサルティング、日本での就業を希望するフィリピン人労働者と国内企業とをつなげる事業を手掛けています。

名高 私もダイビングをするため、よくフィリピンに訪れるのですが、とても魅力的な国ですよね。

 はい。フィリピンは年間を通して温暖な気候で、とにかくおおらかで明るくフレンドリーな国民気質を持ち、アジア唯一の英語圏です。また、家族はもちろん、高齢者を大切にし、フィリピン人女性の中では日本で働いて仕送りをすることがステータスになっています。私は、東南アジア諸国でこれから発展するのは、間違いなくフィリピンだと思っていますね。ただ一方で、日本の中小企業が安易にフィリピン人を呼んだり、現地に進出したりすると、フィリピン人や現地駐在の日本人による詐欺などのトラブルに遭うケースもあるんです。

名高 そうした現状の中、社長は問題を未然に防ぎ、日本とフィリピンが円満に交流するための活動に取り組んでいらっしゃるわけですね。

 そうなんです。現地のエージェントの仕事の質は正直さまざまですが、当社は何度も面接を繰り返し、信頼できるエージェントとだけつながっています。また、元警察官という肩書きや嘘をつかないという信条を武器に地道に努力を重ね、今ではフィリピン国内の警察や政界の方々と強い関係を持つようになったのです。日本国内においても弁護士や行政書士の先生とのチームを形成しているので、安心して日本に渡れる環境を整備できますよ。

名高 まさに万全の布陣を整えていらっしゃいますね。フィリピンのことに関しては、社長にお願いすれば安心でしょう。今後についてはいかがですか?

 日本政府がフィリピン人に発給するビザの要件を緩和したため、日本国内に出稼ぎに来るフィリピン人は、今後ますます増えることでしょう。その中で当社としては、日本とフィリピンの間で起きるあらゆる問題を解決する窓口となり、お互いの国で個人や企業が安心して活動できる環境づくりに、より一層貢献していきます。

PDDS JAPANの活動

PDDSとは、フィリピン共和国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領が推進する「不正・腐敗」「違法薬物」「犯罪」の撲滅を実行するためにつくられたパーティーのこと。中氏はその日本代表として任命されており、在日フィリピン人の保護・相談、フィリピンに関わる困りごとを抱えた日本人や企業の相談などの窓口として設けられたグループをまとめている。現在、グループ参加者募集中!
GUEST COMMENT

名高 達男

昨今、日本とフィリピンは人の行き来がますます盛んになっていますが、ビジネスとなると難しい問題も多々あります。それを見事に解決してくださるのが、フィリピン人の国民性や文化に精通し、政界とも強いコネクションをお持ちの中社長。今後のさらなるご活躍で両国の絆がますます強くなることを、私も楽しみにしています!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ