インタビュー

医療・福祉

歯磨きだけでも足を運べる場所に

名高 改めて、現在手掛ける診療について詳しくお聞かせください。

池下 一般的な歯科治療に加え、口腔外科、矯正歯科、審美歯科など幅広いメニューをご用意しております。私がもともと歯の修復を専門とする補綴学を専攻していたため、インプラント治療なども得意としているんです。

名高 歯のことであれば、何でもお任せできるのですね。その中で、院の理念やモットーはございますか?

池下 当院では「全ては患者様の笑顔のために」という理念を掲げて診療にあたっております。例えば、患者様とは丁寧なコミュニケーションを取るようにしていて─患者様が納得されるまでしっかり説明をさせて頂いてから治療に入るのはもちろん、些細なお悩みもお話し頂けるよう、治療の際にはこちらから積極的に会話をしているんです。おかげさまで、患者様からは「きちんと説明をしてくれて、何でも相談できる安心感がある」と、ご好評の声を頂いていますよ。

名高 それは素晴らしいですね。そんなふうに丁寧な対応をして頂けたら、患者様も通院しやすくなると思います。

池下 ええ。他にも、患者様が院に足を運びやすくなるよう、さまざまな工夫を凝らしています。受付・待合スペースのデザインや設計にこだわったり、キッズスペースを完備したりしているのはもちろん、当院独自の取り組みとして、「ブラッシングスポット」という無料の歯磨きコーナーを設けているんです。こちらは、当院の患者様であれば予約不要でご利用頂けるスペースで、アメニティーも充実させているのが特長。歯ブラシのお預かりサービスも行っていますから、「歯ブラシをする場所が給湯室やトイレしかない」というオフィスワーカーの方などに、特に喜んで頂いているんです。
 また、トイレ1つとっても、男女を分けて設置しています。広い敷地を確保しづらい都内では、スペースのゆとりを極力排除して1台でも多く診療台を置く院が多い中、当院の場合は患者様の快適さを優先して設備などを配置しているんです。そういった細かな配慮の積み重ねで、歯科医院に対するネガティブなイメージを少しでも取り払いたいというのが私の思いです。

名高 これだけ患者様の歯のことを親身になって考えてくださる歯科医院は、なかなかないでしょうね。では、院としてのこれからの展望はいかがですか?

池下 当院を頼りにしてくださる患者様のためにも、今後は「いつ来ても開いている院」を目指したいと考えています。理想は、早朝・深夜の診療に対応する日を増やし、365日通って頂ける体制を整えること。そして、それを実現するためにはスタッフ間の連携が重要ですから、歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士などのスタッフ全員で1人の患者様の歯を守っているという自覚を持ち、チームワークをさらに強化してまいります。

名高 では最後に、未来の患者様に向けてメッセージをお願いします。

池下 「歯が痛いのに歯科医院が怖くて通院できない」という方にこそ、ぜひ一度ご来院頂きたいですね。必ずや、通いやすい環境を提供し、症状改善のお力になるとお約束します。まずはお気軽に、当院にご連絡ください!

温かみのあるくつろげる空間
従来と一線を画す歯科医院

「山の手デンタルオフィス田町三田」では、スタッフが患者と同じ目線で話せるよう、ローデスク・ローチェアを使用している。それに加え、スタッフは笑顔で患者に接するので自然に緊張がほぐれ、居心地の良い空間を実現。従来とは一線を画す、おしゃれでくつろげる歯科医院だ。

GUEST COMMENT

名高 達男

対談中に何度も「患者様のために」と話していらっしゃった池下院長。院づくりに関する発想も全て前向きで、これからの時代にますます必要とされていく歯科医院だと感じました。何より、明るく話しやすい院長のお人柄も魅力的ですし、こんな歯科医院が近くにあればぜひ通いたいですね。歯科医院に苦手意識をお持ちの方も、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ