インタビュー

建築

少数精鋭で大規模工事に対応

大路 では、現在の業務内容についても教えてください。
藤井 当社では元請け様から「使い勝手が良い」と高く評価して頂けるように、外線や内線、設備など、電気に関するあらゆる工事を手掛けています。その中で、これまで培ってきた豊富な経験と、多種多様な機材を自社で取り揃えているからこそ、施工を丁寧かつ迅速に行うことができ、現場の状況に合わせた柔軟な対応が可能なのです。

大路 まさに電気工事のプロフェッショナルと言えますね。スタッフの皆さんも精鋭揃いなのでは?

藤井 そうですね。当社のスタッフは40代と30代、そして20代の若手と私の4名。ベテランスタッフは全員第一種電気工事士の資格を有するなど、それぞれが高い技術を持っています。また、後輩の面倒見も良く、どこの現場でもすぐに信頼されるような優れた人格者でもあるんです。
 通常、当社のような小規模の会社が一次下請けになることはなかなかできません。しかし、知人にサブコンさんを紹介して頂き実績をアピールしたところ、その場で契約を頂くことができました。それには、普段から支えてくれているスタッフの力によるものが大きいですから、私はつくづく人に恵まれているなと感じています。

大路 それだけ社長が人を惹き寄せる魅力をお持ちなのだと思います。スタッフさんと接する際に心掛けていらっしゃることはありますか?

藤井 とにかく、スタッフ皆が働きやすく居心地の良い会社づくりを徹底しておりまして。仕事のオンとオフをしっかりさせているので、仕事終わりには充実したプライベートを送ることができます。また、残業代や休日手当はもちろん、社会保険などの福利厚生もきちんと整備。加えて、資格を取得するための費用は会社が捻出し、試験前には休みを取ってもらうようにしています。それと言うのも、自分なら福利厚生がいいかげんな会社で働きたくないからであり、スタッフもきっと同じ気持ちであるはず、という信念を持っているからなんです。

仕事に意欲的なスタッフを増やしたい

大路 若い経営者ならではの常識にとらわれない発想で、充実した環境を実現なさった会社なのですね。スタッフさんも働きがいがあるでしょうし、何より社長ご自身、日々のお仕事が楽しくて仕方がないのでは?

藤井 おっしゃる通りです。私は、安全で快適な生活に欠かせないものの1つである電気を扱うこの仕事に誇りを持っていますし、難しい現場ほどやる気が湧いてきます。それに、電気工事は建物を建てる前から仮設で引き、建て終えた後も最後まで工事が続きますから、全ての工程が終わった瞬間は大きな達成感があるんです。

大路 お話を伺っていると、社長にとってこのお仕事はまさに天職と呼べるものなのですね。最後に、今後のビジョンをお聞かせ頂けますか?

藤井 売り上げを増やしていくためにも、まずは地元での知名度をもっと高め、スタッフも増やさなければなりません。そうして、今後もさらに良い仕事を続け、着実に実績を積み上げたいですね。
 そんな当社が求めるのは、仕事に意欲的な人材です。電気工事で輝きたいと思う人はお問い合わせください。明るく楽しく、一緒に成長していきましょう!

GUEST COMMENT

大路 恵美

「難しい現場ほどやる気が出る」と語る藤井社長。一見すると職人らしくないのに芯が強い社長だからこそ、周囲に人が集まり会社も成長していくのでしょうね。充実した会社環境を整えていらっしゃるからこそ、スタッフさんも定着するはず。(株)新光電設さんが、誰もが知る大きな会社になるそのときを、私も楽しみに待っています!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則