インタビュー

スペシャリスト

当たり前の生活を守るために

大路 現在は、どのような案件を請け負っていらっしゃるのですか?

井上 法人様に向けたネットワークシステムの設計・構築やコンサルティングが主なサービスになります。現代社会においては多くの企業が、社内業務を効率化するシステムや、インターネットを通じてサービスを提供するシステムなどを持っています。そうしたシステムが毎日、何事もなく稼働するように、バックボーンとなるインフラの設計やメンテナンスを手掛けるのが私たちの役割。長年の業界経験を生かし、高い技術で最適なネットワーク環境を提供いたします。

山口 作業内容としては決して華やかとは言えないですし、あまり人目につく職業でもありませんが、目立たないことこそが私たちにとっての最高の仕事だと思っています。当たり前な日常は、陰から支えられるべきものなんです。

大路 私たちの生活を、まさに縁の下から支えてくださっているのですね。

井上 ええ。また、ネットワークやシステムに関わる仕事はたくさんありますが、バックボーンの部分を専門にしている会社は非常に少なく、業界自体もニッチだと言えるでしょう。それだけに、業務の手法も長年にわたり同じスタイルであることが多いんです。しかし当社では、お客様により多くのソリューションを提供できるように、新たな手法を積極的に編み出していこうと考えています。「これからの日本に合ったネットワークシステムをつくりたい」というのが私たちの思いです。

山口 インフラは堅牢であるべきという考えから、これまで意図して手法を変えずにやってきたところもあると思いますが、我々はあえてそこに踏み込んで、業界の慣習を徐々に変えていきたいのです。少人数でも大きなネットワークを構築し、自分たちのやり方で最初から最後まで現場に携われるのが、この業界で働く上でのやりがいでもありますから。

人材ネットワークの構築も目指す

大路 使命感を持って事業に臨んでいらっしゃるのですね。ところで、人員の拡充などについてはいかがですか?

井上 はい。順調に事業を拡大していくためにも、戦力となる人材を1人でも多く確保したいですね。また、それとは別軸で業界全体の人材の数を増やしていくことも、私たちの役目だと考えています。そこで、業界未経験者も積極的に受け入れ、時間を掛けて育成する環境も整えていくつもりです。

大路 では最後に、これからの目標についてもお聞かせください。

井上 当社の取り組みを通じ、ネットワークエンジニアたちが、最初から最後までしっかりと人生を全うできるような、魅力的な業界へと成長させていくことが目標です。また、当社で育成したエンジニアに起業への意欲があれば、ぜひ応援したいとも考えていまして。そうすれば、業界内に人と人とのネットワークが構築され、困ったときに助け合えるような環境が出来上がると思うんです。

山口 目に見える物を扱う業種ではないだけに、人との縁を大切に事業を続けてまいります。そうして、いつか起業した仲間同士で同窓会が開けるような会社をつくることが、最終的な理想ですね。

GUEST COMMENT

大路 恵美

「長年お世話になっている業界だから、恩返しをしていきたい」と語っていらっしゃった井上社長と山口副社長。エンジニアとしての苦労を数多く経験していらっしゃるからこそ、本気で業界を変えていこうという強い思いを抱けるのでしょうし、お二人になら若い人材も安心して付いていけるだろうと感じました。この先も二人三脚で、業界を力強く牽引されてください!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ