インタビュー

サービス

株式会社 Qujolia

建築業、運送業、販売業などさまざまな業界に勤務。その中で害虫・害獣駆除の仕事に出会い、副業として手掛け始める。その後、本業として取り組むようになり、個人事業で独立。2018年に法人化を果たした。適性価格で確かな実績を出す業者として評判を呼んでいる。

株式会社 Qujolia
住所 〒270-1471
千葉県船橋市小室町3307 305
URL https://qujolia.com/

松村 若林社長は、なぜ害虫・害獣駆除業界で起業されたのでしょうか?

若林 以前は建築業や運送業に就いていたのですが、この仕事に出会い、作業に面白さを感じたんです。1つとして同じ案件はない上に、やみくもに薬剤や仕掛けを使っても効果はありません。そこで、どのように仕掛け、どこを塞ぎ、開けておくかなどを自分なりに考えて実行するのが、まるで知恵比べのようで。そして何より、結果を出すと、お客様が本当に喜んでくださるんです。それが嬉しくて、この仕事で独立しようと決意しました。

松村 お困りの方からしたら、社長は救世主のような存在でしょうね。具体的には、どういった案件が多いのですか?

若林 千葉県を中心とした関東一円をエリアとして、飲食店や個人宅などからご依頼を頂いています。中でも、害獣であるネズミ駆除のご依頼が多いですね。当社では建物の構造や状態を見て、害獣を追い出した後、穴を1つも残さないよう塞ぎます。そして、1週間おきに点検し、慎重に、確実に駆除を完了していくのです。その点では、建築業界での経験も役に立っているかもしれませんね。もちろん、お客様のご要望に合わせて、使用する薬剤なども工夫しています。

松村 競合他社も多い業界だと思いますが、その中で御社の強みはどこにあるとお考えでしょう。

若林 やはり、結果を出している点ですね。当社では、他社で対応できなかった案件でも解決してきたという実績があり、技術については自信を持っています。それが評価されてか、現在は月に20件近くの新規案件を受注できており、点検作業なども含めれば、1日に4、5件を回る日々を過ごしていますよ。

松村 それは素晴らしいですね!では、お客様と接する際に心掛けていらっしゃることはございますか?

若林 深刻な状態が続き心がまいってしまっているお客様もいらっしゃいますから、まずはしっかりコミュニケーションを取って寄り添うことを心掛け、ご安心頂けるように努めているんです。そうして、駆除が完了する前でも「Qujoliaがいるからもう大丈夫」と思って頂けるようになるのが理想ですね。また、お気軽にご連絡頂けるよう、ご相談・お見積もりは無料で行っており、お客様ご自身でできる作業はその時点でお伝えします。そのため、まずはアドバイスを実践されてみて、それでも駆除できないときには依頼して頂ければと思っているんです。

松村 そのお客様思いの姿勢には感銘を受けます。最後に、今後の展望をお聞かせください。

若林 現在は業者からの案件が多いのですが、2019年中には自社で受注した仕事をメインにしていきたいですね。インターネットなどを活用しながら宣伝活動にも力を入れて、1人でも多くの方に当社の存在を知って頂けたら幸いです。

GUEST COMMENT

松村 雄基

害虫や害獣が発生すると、生活に影響を与えるだけでなく、精神的な負荷も大きいと思います。だからこそ、駆除のお仕事のニーズは絶えず、やりがいも大きいのでしょうね。人の安全で快適な暮らしを守るためになくてはならない存在ですから、今後のご活躍を私も陰ながら応援しています!


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則