インタビュー

建築

若い人材を育て業界の最前線へ

畑山 それだけ美しい現場づくりに努めていらっしゃれば、従業員の方々もご自身の仕事に誇りを持って臨めるでしょうし、素晴らしいですね。また、現場を円滑に回すにはチームワークが欠かせないと思います。人材育成についてはいかがお考えでしょう?

佐藤 私一人の力は限られているということをしっかり自覚して、今一緒にいる従業員のことをとにかく大切にするよう心掛けています。最近は業界内の人材不足が深刻化していて、なかなか若い人が集まらないという状況なので、海外からも積極的に実習生を採用し、彼らを古参のメンバーが支える形でチームの結束力を高めているんです。

畑山 法人化して事業も安定されていますし、ここからさらに成長していかれそうな勢いが伝わってきます。今後についてはどのようなビジョンを描いていらっしゃいますか?

佐藤 会社としては、さらに成長を続けて、業界の中でトップの存在になりたいですね。そのためには、より社内の組織化を進めていく必要があるので、長年勤めてくれている従業員を管理職へ昇格させ、その下の人間だけで現場が回るよう、人材育成に力を入れていくつもりです。お客様から「解体のことなら佐藤興業に」と言って頂けるよう、この先も現場最前線で活躍を続けてまいります。

社名を入れた重機にこだわり
責任とプライドを持った仕事を

とび工事から土木、斫り、解体工事までを一手に担う(株)佐藤興業。同社では、自社で保有する社名の入った重機を使用することで、美しい現場を保ち、責任感を持った丁寧な仕事を行うよう心掛けている。現場を見た顧客や外部の人が、次の仕事を依頼したくなるほどの質を保つことが理想だ。

GUEST COMMENT

畑山 隆則

「自分と同世代にも優秀な人はたくさんいるが、負けるつもりはない」と力強く語っていらっしゃった佐藤社長。仕事に対して高い理想と誇りを持っていらっしゃるからこそ、「この人に付いていきたい」と思う仲間も集まってくるのでしょうね。社長の熱いハートを垣間見られて私も感銘を受けましたし、今後ますますのご活躍を楽しみにしています。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則