インタビュー

美容・健康

KOKOROE

スポーツトレーナーの専門学校を卒業後、整形外科に勤務。トレーナーとしての経験を積んだ後、自身の理想とするトレーニングを手掛けるべく独立を決意。パーソナルセッションによる運動指導を行う「KOKOROE」を開業し、顧客の自宅や希望の場所に出向いて活動している。

KOKOROE
[出張型]
宮城県仙台市・富谷市・川崎町を中心に、
ご自宅や希望の場所に伺います!
URL https://peraichi.com/landing_pages/view/kokoroe8

畑山 佐山代表は、「訪問型パーソナルトレーナー」だそうですね。自宅に呼んで指導を受けられるパーソナルトレーニングとは、初めて聞きました。

佐山 確かに、私のようなトレーナーはそう多くはないと思います。私はもともと整形外科で運動指導をしていましたが、その中で病院に通う前の段階で健康を維持することの重要性に気付きまして。それをきっかけに、独立を志したのです。ただ、ジムは通うこと自体が億劫になってなかなか継続しない方も多いため、訪問という形をとることにしました。

畑山 具体的にはどのようなトレーニングを手掛けていらっしゃるのでしょう。

佐山 マンツーマンセッションを基本に、一人ひとりの体調や目的に合わせたオーダーメイドの指導を行っています。現在はジュニア世代のアスリートに向けて、競技能力をアップするための体づくりを指導することが多いですね。もちろん、他にも慢性的な腰痛や肩こりの解消、体力づくりなど、老若男女問わずご依頼を承っています。中には、ご家族で受けて頂いている方もいらっしゃいますよ。
 またトレーニングについては、器具などを使わずに自分の体重を生かしてできる、ピラティスのメソッドを基にした運動方法をお伝えしています。自宅でも簡単に行えますので、無理なく継続できますし、動きを覚えればご自身でケアできるようになるんです。

畑山 そうすると、代表の指導を卒業される方も出てくるのでは?

佐山 おっしゃる通りで、それが私の目指す理想の形ですね。あくまでご自身の体ですから、トレーナーがいなければ体が動かせないのではなく、一人ひとりが自立し、ご自身で体の管理やケアをして頂けたらと思うのです。ちょっとしたストレッチや、普段動かしていない部分を動かすだけでも、十分「運動」になります。そうした動きを日常に取り入れて頂けるよう、意識を変えるきっかけを提供するのが私の役目です。

畑山 利益だけを追求するのではなく、真にお客様のことを考えていらっしゃるのですね。では、今後のビジョンについてもお聞かせください。

佐山 私は、「死ぬまで動ける体づくり」をテーマに活動しています。その意識を広く伝えるため、現在はトレーナーをはじめ、健康な人生を追求する専門家たちと共にコミュニティーをつくり、「Active」という団体でスポーツイベントやグループレッスンも開催しているんです。今後もその活動を続け、1人でも多くの方が自分に合った運動方法を見つけられる機会を提供していきたいですね。
 また、東北にはトレーナーを育てる学校はあっても、都会に比べ、そのスキルを生かせる職場は不足しています。そこで、いずれは私の働き方をパッケージ化し、東北に若いトレーナーが働ける環境をもっと創出していくことが目標です。

GUEST COMMENT

畑山 隆則

日本人の平均寿命は80歳を越えますが、そのうちどれくらいの時間を健康で過ごせるかが重要だと思います。そのため、佐山代表が掲げるテーマには共感しますし、東北の地で、健康に関する意識改革をぜひ進めていって頂きたいです。まだ代表ご自身が20代とお若いですから、今後のご活躍に期待しています!


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則