• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 産業医かつき虎ノ門事務所 代表 / 医師 / 医学博士 勝木 美佐子

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 産業医かつき虎ノ門事務所

日本大学医学部を卒業後は消化器内科の分野に進み研修を受ける。その中で病気になる前の予防の重要性を感じたことから産業医に興味を持ち、大学院では公衆衛生学を専攻。医学博士を取得すると、内科医として医院に在籍しつつ産業医としても数多くの企業をサポートする。その経験を生かし、2016年に「勝木労働衛生コンサルタント虎ノ門事務所」を開設し、2018年には(株)産業医かつき虎ノ門事務所として法人化した。

株式会社 産業医かつき虎ノ門事務所
住所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-12
ステュディオ虎ノ門711
URL https://www.katsuki-sangyoui.com/

どの業界でも人材不足が叫ばれ、1人当たりの労働負担が大きくなり続けている昨今。そんな中、社員の健康を守り労働環境の健全化を促しているのが、(株)産業医かつき虎ノ門事務所だ。最前線の実状と勝木代表の仕事に懸ける信念に、タレントの水野裕子さんが迫った。


病気にならない人を増やすために

水野 勝木代表は、産業医と内科医の二足のわらじでご活躍されているそうですね。まずは、この道で独立された経緯からお聞かせ頂けますか?

勝木 私は大学卒業後、消化器内科に入局しましたが、そこで末期がんで亡くなってしまう患者さんを何人も見てきて。虚しさを感じると同時に、病気になる前の予防が大切なのだという思いが芽生えたんです。その頃、ちょうど法律の改正があって、産業医がより専門性を問われる存在となったことから、「産業医を目指してみよう」と思い、大学院では公衆衛生学を専攻しました。

水野 予防医学に力を入れるために、産業医を目指されたと。

勝木 そうですね。主に病気の方の治療を手掛ける臨床医とは対照的に、産業医は健康を保ちつつ働いていくためのアプローチを行うので、私の理想とする形に最も合致していたんです。そうして無事に医学博士を取得した後は、内科医として医院に勤めながら、運送業や製造業、アパレル業、ホテル業といった多種多様な業界の会社で産業医をさせて頂いております。その中で、クライアントとより良い信頼関係を築きたいと思い、2018年に法人化したのです。それ以降も同様に外来診療も継続しており、臨床現場からの健康づくりにも貢献しています。

水野 病院で診察するのと、実際に企業の中に入られるのとでは、勝手が違う部分も多かったと思います。その辺りについてはいかがでしたか?

勝木 産業医は携わる現場のことを理解する能力が求められるのですが、私は在学中、さまざまなアルバイトをしていましたから、職場の雰囲気や事情がよく分かるんです。それに私自身、現場に行って人と関わることが楽しくて仕方がない性格なので、つらさは全く感じなかったですね。

明るく元気な職場をつくる

水野 実際に、企業に伺われたときにはどういった流れでお仕事をしていらっしゃるのでしょうか?

勝木 まず、月に一度は職場巡視をさせて頂き、従業員の方が働く現場に危険なところや問題点はないかをチェックします。他にも、社内の衛生委員会などに参加し、その上でより良い労働環境をつくっていくためのアドバイスを行うのです。そして、健康診断や健康相談、ストレスチェックを通して従業員の方たち一人ひとりの健康状態を把握することはもちろん、人事や労務の方とも面談をして、社内の健康管理についてのコンサルティングをさせて頂きます。

1 2


amazonからのご注文
2019年2月号
COMPANYTANK 2019年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、サッカー指導者の西野朗氏がご登場!“攻撃的スタイル”を貫き、アグレッシブに戦う同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則