• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 オーバルコンストラクション 代表取締役 小島 大祐

インタビュー

建築

信念を曲げず、仕事に取り組む

宍戸 では改めて、こちらの業務内容について伺えますか?

小島 現在は、茨城県内をはじめ関東一帯で、一般土木工事や農業土木工事、外構工事を中心に手掛けています。依頼主様のニーズに幅広く対応できるよう、大小さまざまな現場で使える重機を自社で何台も保有。
 また、ご依頼があった際には、真っ先に現場に駆け付け状況を把握するよう心掛けており、そうしたフットワークの軽さが特長です。加えて、長年培ってきた経験や技術、積み上げてきた施工実績を武器に、仕上がりはもちろん強度にも絶対の自信を持っています。

宍戸 その強いお言葉には、社長が持つ確固たる信念を感じます。

小島 私のポリシーは、絶対に手抜きをしないこと。例えばブロック工事。昨今の地震で倒壊が相次いでいますが、あの大半が手抜き工事です。私たちの仕事はつくることですが、お客様の不安を解消することも仕事のうちです。ですから、当社では丁寧かつ正確な仕事を徹底しているのです。
 また、現場でのあいさつや身だしなみはもちろん、常に現場を清潔に保ち、工事の騒音には細心の注意を払うなど、周辺にお住まいの方々への配慮も欠かしません。施工前と施工後には、私が直接ごあいさつさせて頂き、コミュニケーションを図るよう心掛けています。

宍戸 依頼主様だけでなく、地域住民の方々にも十分な配慮をしてくださるのですね。そんな社長になら、安心してお仕事をお任せできそうです。

小島 ありがとうございます。もともと「『ここまでやってくれてこの値段なら安い』と思って頂けるような仕事をしなさい」というのが、親方の教えでした。中には、「この金額だから」と、手を抜いてしまう職人もいますが、私は、たとえやせ我慢したとしても突っ張りながら生きる──そうした自分を曲げない精神を大切にしているんです。これは、普段から若い職人にも伝えていることで、仕事をもらうために、必要以上に自分を安売りせずとも、真面目に当たり前のことをやっていれば、仕事も人も後から必ず付いてくると確信しています。

後進を育て、さらなる躍進を目指す

宍戸 決して妥協をせず、誇りを持ってお仕事に取り組まれる社長の姿勢が、周囲からの評価につながっているのですね。心から土木のお仕事を楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。

小島 そう言って頂けると嬉しいです。私としては、稼業である以上は楽しみながら取り組まないと続きませんし、何よりこの仕事の魅力は、完成させる感動があること。その中で、若いスタッフが私の教えを守ってくれていると嬉しいですし、その結果、お客様から「オーバルに任せれば間違いない」と言って頂けることに、最高の喜びを感じるんです。

宍戸 社長のそうした熱い思いは、ぜひ今後も持ち続けてほしいです。これから先のビジョンについてはいかがですか?

小島 会社の規模拡大が理想ですが、まずは私が学んできた全てと感性を今いる若い職人たちに引き継いでもらい、磐石な会社をつくりあげたいと思います。そこから積極的に若い世代を採用し、先輩から後輩へと受け継いでもらい、どこにも負けない明るく楽しい会社にしたいと思います。

宍戸 なるほど、素晴らしいビジョンをお持ちなのですね!

小島 明るい未来へ決意を新たにこの先も進んでまいります。若者よ集まれ!

GUEST COMMENT

宍戸 開

「せっかく施工するなら、良いものを手掛けたい」という親方さんのスピリットを受け継いだ小島社長。決してぶれることなく、己の信念を愚直に突き進む姿勢には、強く感銘を受けました。現在は、若い世代に代表の思いを引き継かれているとのことで、この先、バトンを受けた方々があちこちで活躍されていくのが楽しみですね。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ