• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ファイン・トータルキャリア 代表取締役 冨山 敏光

インタビュー

サービス

株式会社 ファイン・トータルキャリア

学業修了後はさまざまな業界を渡り歩き、30代で物流業界へ入り、フォークリフトの免許を取得。現場の責任者として倉庫の運営を取り仕切る。その経験を生かす形で、2015年に(株)ファイン・トータルキャリアを設立し、現在は物流倉庫にフォークリフトオペレーターを派遣する事業を主に手掛けている。

株式会社 ファイン・トータルキャリア
住所 〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-2-2
第3プレシードビル 5F
URL http://www.fine-totalcareer.co.jp/

物流業界にて広い人脈を構築し、フォークリフトオペレーターの派遣に特化した人材派遣業を手掛ける(株)ファイン・トータルキャリア。質の高いスタッフを長期間にわたって派遣できる仕組みを構築した冨山社長の独自のノウハウに、女優の大路恵美さんが迫った。


業界内で感じた課題を解決するために

大路 こちらは物流業界という専門的な分野の人材派遣に特化した会社だと伺っています。珍しい業態かと思いますが、まずは冨山社長が起業された経緯からお聞かせ頂けますか?

冨山 私は長年、物流業界に身を置き、前職では物流倉庫の現場責任者として勤めていました。その中で、派遣労働者の指揮を執ることも多かったのですが、なかなか長期間にわたって働いてくれる人がおらず、せっかく時間を掛けて指導したのに、仕事を覚えてきたタイミングで辞めてしまうというサイクルにもどかしさを感じていたんです。そこで、自らこの業界に特化した人材派遣会社を立ち上げることで、私が感じてきた課題を解決しようと、当社を設立しました。

大路 なるほど。慢性的な業界内の問題を取り払うために、起業を決意されたのですね。実際に独立されてみて、手応えはいかがでしたか?

冨山 正直、経営に関しては右も左も分からない状態でスタートしたので、最初は役所への書類提出や保険の手続きなど事務の仕事に追われ、苦労することも多かったですね。ただ、勤務時代と同じ業界での独立だったため、幸いにも横のつながりを生かして仕事を頂くことができ、そこから紹介でお客様を増やしていくことができました。ですから、私はこれまで一度も営業を掛けたことがないんです。また、社内の人員に関しても、前職から付き合いのある仲間がついて来てくれるなどして順調に拡充できましたし、ここまでやってこられたのは本当に人に恵まれたからだと感謝しています。

1 2


amazonからのご注文
2019年2月号
COMPANYTANK 2019年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、サッカー指導者の西野朗氏がご登場!“攻撃的スタイル”を貫き、アグレッシブに戦う同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則