インタビュー

不動産

コスモバンク 株式会社

学生時代は野球に打ち込み、学業修了後、老舗貴金属専業メーカーに勤務しながら株式投資やFXなどさまざまな資産運用を試行する。22歳で不動産投資に出会うと、着実に保有物件を増やし、その経験を生かして大手不動産投資会社に入社。年間200棟の不動産買い取りと売却累計100億円以上の取り扱いを経験する。より理想的な不動産投資サービスを実現すべく、2018年に独立を果たし、コスモバンク(株)を立ち上げた。

コスモバンク 株式会社
住所 〒220-8120
神奈川県横浜市西区みなとみらい 2-2-1
横浜ランドマークタワー20F
URL https://cosmobank.co.jp/

神奈川県を拠点に収益不動産の購入・管理・売却を手掛けるコスモバンク(株)。「管理手数料0円」「ドローンを使った老朽化点検」など、これまでの常識を覆すサービスを提供する穴澤社長の経営理念と、緻密に描かれた未来の構想について、俳優の名高達男さんが話を伺った。


積み上げてきたノウハウを生かして

名高 穴澤社長は、お若い頃からご自身で不動産投資をされてきたそうですね。まずは、こちらの会社を立ち上げられるまでの歩みからお聞かせください。

穴澤 私はかつて老舗貴金属専業メーカーに勤めながら、個人的にさまざまな資産運用を試行していました。そんな折、20歳で家を購入するタイミングがあり、「家を買うのはほとんど当たり前のことなのに、購入後に安定した収入が続かなければローンを返すこともままならないのか」ということに不安を覚えて・・・。それで、改めて資産運用について調べる中で、不動産投資に出会ったんです。

名高 なるほど。当時から自らの将来設計について、真剣に方策を考えていらっしゃったのですね。

穴澤 ええ。最初は個人で投資を始め、順調に棟数を増やせたことから、もっと上手く運用する方法はないかと大手不動産投資会社へ相談しに行ったんです。すると、その会社の人に「君くらいの年齢でそこまで考えられる人間はなかなかいないから、良かったらうちの会社においでよ」と誘われて。結局、そのまま入社する運びとなりました。

名高 その時にはもう、社長が投資家として十分に頭角を現していらっしゃったからこそ、そのような誘いがあったのでしょうね。では、独立のタイミングというのは?

穴澤 私が入社したのは、ちょうどその会社が急成長期に差し掛かる頃で、私も年間200棟、売却累計100億円以上の取り扱いを経験させて頂き、その中でノウハウを構築することができました。それをフル活用して、より多くの投資家の方たちのお力になりたいと考えたことから、独立を決意したというわけです。

物件に携わる全ての人を笑顔に

名高 では、こちらの事業内容について詳しく教えてください。

穴澤 当社では、収益不動産の購入・管理・販売をワンストップで手掛けております。お客様のキャッシュフローの最大化を目指し、各物件には外壁塗装、防水工事、リフォームを施し、こちらで入居者を満室の状態にした上でお渡しします。利回りに関しても、一般的な収益不動産の平均が7.5~8.5%のところ、当社は独自の仕入れルートから10%以上のものだけを揃えているため、物件の質には絶対の自信があるんです。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ