インタビュー

サービス

社員とその家族・友人まで大切に

時東 お話を伺っていると、どの事業もお客様やご友人の紹介から広げてこられたのですね。

多田 おっしゃる通り、ほとんど人のつながりで経営してきました。私がこれだけ幅広く事業を展開するのは、「自分がやりたい」のではなく「周りがやりたい」、もしくは「この人とならやりたい」と思えるものに着手しているから。周囲の人が思い描くビジネスを形にするために、当社ができる範囲で引き受け、これまでに培ったノウハウを加えて運営しています。
 新しいことを始める際には、たとえ結果が伴わなくてもいいという思いで取り組んでいます。当社には安定して収益を出せる事業がすでに複数ありますから、そこで経営は成り立たせて、そのプラスアルファの部分として新規事業に挑戦すればいい。それに最初は厳しい状況でも、1、2年後には事業がどのように成長しているか分かりません。ですから、社員や元同僚であっても、クライアントであっても、何かに挑戦したいという人に対しては、リスクを恐れずに臨んでもらえる環境を提供し、全力で後押ししています。

時東 その独自のスタイルを貫かれている理由が気になります。

多田 これまでの人生を一切無駄にしたくない、という思いからです。経験や知識はもちろん、人との関係も全て生かして仕事をすることが理想ですね。また、そうした人脈を築いていく際に大切なのは、見返りを求めずに奉仕の精神で行動すること。メリットやデメリットで動かないことが、結果として人と長く続いていく秘訣だと考えています。ですから極端に言えば、うちの会社で事業を成功させた人が独立することも問題ありません。独立した仲間が自身の会社を成長させて、そのときに一緒に組むことができたら、もっと良い仕事が実現できますからね。そして、成長した会社が増え、その一つひとつを大切にしてずっとつながっていけたら、当社ももっと大きなビジネスが展開できるようになるでしょう。

時東 人ありきの経営を徹底されているのですね。では、社長が人材育成において心掛けていらっしゃることは何でしょうか。

多田 社員みんながやりたいことに取り組めて、適材適所で働ける環境を提供することですね。当社には複数の事業があるので、必要に応じてどんどん社内異動してもらっています。医療機器の販売からアメニティーの販売に移ったり、中には事務職で入社したものの営業職に興味が湧いて移ったり。そんなふうにいろいろな経験をしてもらいながら、働き方を調整していくんです。ただ、その上で大切なのは、異動する際には必ず「向いていなかったら元の場所に戻ってくればいい」と伝え、選択肢を残しておくこと。そうして、本人に過度なプレッシャーが掛からないように気を配っていますよ。

時東 それは素晴らしい!適材適所の配置がなされれば、社員の方も生き生きと働けると思います。

多田 それから、私自身が「周囲の協力があって初めて生きていられる」と考えているので、社員にも同じように、周囲の人をとにかく大切にするように伝えているんです。例えば、父親である社員の子どもが熱を出したとしたら、母親1人に任せることのないよう、社員にも帰宅するよう伝えます。また、社員旅行をする際には、慰労の意味を込めて、社員のご家族や友人も招待しています。そんなふうに自分を支えてくれる存在にきちんと感謝を示すことで、自分の働く環境を知ってもらうことにもつながりますし、結果的により気持ちよく応援してもらえるようになると思っています。

時東 経営の方針を伺った際には古き良き人情味を感じましたが、一方で働き方という点ではとても柔軟で現代的な考えをお持ちなんですね。とてもバランスの良い環境で、ここで働ける社員の皆さんは幸せだと思います!

多田 そのようにおっしゃって頂けると嬉しいです。まだ10代でレストランに勤務していた頃、社会人として最初にお世話になった師匠が、「店を育てるのは、花を育てるのと一緒」という話をしてくれました。毎日天気を気にして、様子をよく観察することで花が育っていくように、お店も生きているのだから、状況や雰囲気を俯瞰的に見て判断しなさいと。
 私は、このことは社員に対しても同じだと思っているんです。社員の様子や表情はいつも気にしますし、それでもし髪型が整っていなかったり、落ち着きがなかったりする日が続けば、何かあったのかもしれないな、と気付くことができますから。そして、おせっかいにならない程度に、できることがあればサポートしてあげようと。そうやって愛情を持って社員に接していけば、人も会社も、花のようにしっかり育っていくはずだと思います。

1 2 3 4


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ