インタビュー

建築

一つひとつの現場に力を注ぎ込む

矢部 それでは、社長が社員の方々と共有している方針について、お聞かせください。

鈴木 当社では、常に社員が現場で最高のパフォーマンスを発揮できるように、最適な人員配置を心掛けています。たとえ、多くの現場を抱えている繁忙期であっても、「一つひとつの現場に全力を注ぎ込もう」と話しているんですよ。また、あまりにたくさんのご依頼を受け過ぎて、施工の質が落ちるようなことは絶対にないように、当社のキャパシティーでこなせる範囲内で現場を請け負っています。

人の目に見える塗装はやりがいがある

矢部 お客様のことを第一に考えてくださっているのですね。では、こちらならではの強みを教えてください。

鈴木 どのようなご依頼にも、基本的にお断りせずに対応できるところですね。当社の協力業者の約半数は昔からの友人なので、どんなに難しい現場も強いチームワークで乗り切る自信があります。また、通常の業者さんですと、特に戸建て住宅のリフォーム塗装は、間に入る業者が多いので費用がかさんでしまいます。しかし、当社の工事はそのようなことがないので、一般的な価格の半額以下で施工できるんです。

矢部 それは素晴らしい!その価格で高いクオリティーの施工を手掛けて頂けるとあれば、多くのお客様が喜ばれると思います。

鈴木 ありがとうございます。それに加えて、当社は業界でも珍しく、分割でのお支払い方法などにも対応することができるんですよ。そうして、より多くの方からお気軽にご依頼を頂ければと思っています。

矢部 ご依頼する際のハードルが低くなり、お客様にとってもありがたいことですね。さまざまなアイデアでお客様を喜ばせてくださる社長からは、楽しみながらお仕事をされている様子が伝わってきます。

鈴木 私はお客様の喜ぶ姿や笑顔を見ると、「この仕事をして良かった」と心から思えるんですよ。建築業にもさまざまな職種がありますが、塗装は人の目に見えるという点で、地域に貢献できている実感があり、そこに大きなやりがいがありますね。

矢部 今後のさらなる飛躍に向けて、社員さんを増やすご予定などはあるのでしょうか。

鈴木 当社が望む人材は「人に、街に、貢献したい」と思う気持ちのある人材。塗装の仕事は決して楽ではありませんが、この意気込みで働ける方にはぜひ来てもらいたいです。そして当社の目標は、規模を拡大するよりも、現場の数は現状を維持しながら一つひとつに力を注ぎ、施工の質を上げ続けていくこと。その中で、これからもお客様を大切にし、今まで以上に喜んで頂ける塗装に取り組んでまいります!

GUEST COMMENT

矢部 みほ

施工のために都内へ行くことも多いという鈴木社長。その一方で、地域にも根差しておられ、会社の周りにも鈴木塗装組(同)さんの現場が数多くありました。全てにおいて手を抜かず、全力でお仕事に取り組まれる姿勢には感銘を受けます。これからも業界一筋で歩まれて、より多くのお客様に理想通りの施工を提供されていってくださいね!

1 2


amazonからのご注文
2019年2月号
COMPANYTANK 2019年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、サッカー指導者の西野朗氏がご登場!“攻撃的スタイル”を貫き、アグレッシブに戦う同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則