インタビュー

医療・福祉

オーダーメイドのインソール開発に尽力

杉田 具体的にはどういった施術を行っていらっしゃるのですか?

田中 当院では、患者様一人ひとりに合わせた手技の施術を基本としています。日本古来の整体や整骨の技術に近代療法を組み合わせ、最新の医学的論拠に基づいた治療を行っているのです。また、足の治療に関しては、テーピングによって足を正しい形へと整えるだけで膝や腰の痛みが改善される方もいらっしゃいますし、その形を維持できるように、足の型を取ってオーダーメイドのインソールもつくっているんです。

杉田 それはすごい!足の治療の専門家にインソールをつくって頂けるなら、よりフィットしたものになりそうです。

田中 おっしゃる通り、治療とインソール製作の両方ができるのは、当院の強みだと思います。施術の経験を生かし、患者様の足の特徴や症状を正しく把握することで、扁平足や外反母趾などのさまざまなお悩みに応じて、最適なインソールをつくることができますよ。その技術と仕上がりはどこにも負けないと自負しているんです。

杉田 頼もしいお言葉です。では、施術をされる上で心掛けていらっしゃることはありますか?

田中 当院には、他の院では改善されなかった特殊な症例の方も多くいらっしゃいます。それだけに、患者様のお話にしっかり耳を傾け、入念に調べ上げて、原因の究明に努めるようにしているんです。また、その上で専門外の症状であると分かった場合には、無理に抱え込むようなことはせず、知り合いの先生を紹介します。そうすることで、患者様の症状をできる限り早く改善へ導くのはもちろんのこと、紹介先の院と原因や検査結果などを共有することで、その症例に関する知識も蓄積していくことができるんです。

時代に合わせた複数の院展開を

杉田 患者様にとって、不調の原因が分からない状態が一番ストレスを感じるでしょうから、原因解明に尽力してくださるのは心強いですね。では、今後のビジョンについてはいかがですか?

田中 最近、インナーマッスルを効果的に鍛えられる最新のEMSトレーニング機器と出会うことができました。今まであまり機械を取り入れることはなかったのですが、これは従来のイメージを覆すほどに優れたものでして──慢性的な痛み、筋力の低下のある方や、むくみがある方などにお勧めしているんです。また、その機器で足の筋肉を鍛えることで、偏平足の治療にも生かせたらと考えています。今後は手技と併せて、こうした新しい技術の応用にも注力したいですね。

杉田 そうした最先端の機械をうまく活用すれば、より短時間で治療が受けられそうです。

田中 その点で言えば、忙しい会社員や主婦の方などには、安価でスピーディーな治療のニーズが高いと思います。そこで、いずれは次世代の高性能な機械による治療がメインの院の展開も視野に入れているんです。そうやって、患者様へご提案できる治療の幅が増えれば、皆様ももっと通いやすくなり、症状が悪化してからではなく、予防治療として来院して頂けるようになるはず。これからも患者様が困ったときに「とりあえず行こう」と思ってくださる院であり続けるべく、努力を続けてまいります。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

私も仕事でヒールを履き続けた影響で外反母趾になり、足や膝に負担が掛かってしまった経験があるので、足腰にアプローチされる田中院長は、体の痛みに悩む多くの方にとって貴重な存在だと思います。その上、とても謙虚でひたむきに努力を重ねられる姿勢にも感銘を受けました。これからもその堅実なスタンスを貫き、1人でも多くの方を元気にしていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ