インタビュー

医療・福祉

矢部 それは患者様も安心されることでしょうね。そうした院長のお考えは、普段からスタッフの方々とも共有していらっしゃるのでしょうか?

中島 はい。スタッフには常々、「人のために」という気持ちを持って仕事に臨むように伝えています。そうすることで、患者様との距離はぐっと近くなりますから、仕事の質や効率も上がるはず。何より、本人の人間的な成長も促せると思うんです。

予防歯科で真の「自分磨き」を

矢部 では、歯科医師としてのやりがいはどんなところに感じられますか?

中島 口は、物を食べて栄養を摂取する、人の根本的な営みを支える消化器官です。そうした全身の健康をつくる要となる器官を守れる仕事であるという点に、強くやりがいを感じます。そして、歯がどれだけ大切なものであるかは、私自身が歯科医師として多くの治療に携わる中で痛感してきました。だからこそ、「悪くなった歯は治療すれば良い」ではなく、「悪くならないように健康な歯を保たなければ」という考えを持つようになったのです。

矢部 院長が誇りを持って診療に取り組んでいらっしゃることが伝わってきます。予防のためには、定期的に院に通って頂くことが一番ですよね。

中島 ええ。歯医者は怖い場所だというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、患者様が少しでも通いやすくなるよう、当院は内装にもこだわりました。白を基調に、自然を感じて頂けるようなインテリアにしていますから、院内でもリラックスして過ごして頂ければ嬉しいですね。ただ、もちろんご自宅でのケアも重要になります。ご自身やご家族間でも歯の健康チェックを行えるよう、簡単な指導にも力を入れていくつもりです。

矢部 最後に、これから通院される患者様にメッセージをお願いします。

中島 歯を大切にすることは、本当の意味での「自分磨き」につながると思っています。決して替えのきかない自分の歯を健康に保つためのお手伝いを、ぜひ当院にさせて頂ければ幸いです。

ゆとりのある空間づくりで
誰もが通いやすい工夫を

清潔感のある白を基調とした内観の「なかじま歯科クリニック」。診療スペースは診療台ごとにゆとりを持って区切られており、待合室も広々とした空間に観葉植物が置かれるなど、患者がリラックスできる工夫が随所になされている。また、待合室の横にはおもちゃや絵本が充実したキッズスペースも完備。子連れの患者や、小児歯科に訪れる子どもも安心して過ごすことができる。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

前職ではインプラント専門医の先生の下でも修業を積まれたという中島院長。それだけに技術は確かですし、その上お話をしていても本当に穏やかで、治療中も寄り添ってアドバイスをしてくださりそうだと感じました。そんな安心できる雰囲気があれば、患者様も足を運びやすいでしょうね。これからも地域に根差し、予防歯科の大切さを浸透されていってください!

1 2


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ