• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 豊崎公認会計士事務所 所長 / 公認会計士 / M&Aシニアエキスパート / 税理士法人 タックスアドバイザーズ 社員税理士 豊崎 孝浩

インタビュー

スペシャリスト

豊崎公認会計士事務所

茨城県出身。高校在学中に、公認会計士の仕事に魅力を感じ、理系から文系に転向する。一橋大学を卒業後、東京都内の大手監査法人に勤務。キャリアと知識を生かし、地元に貢献するべく2017年、茨城県つくば市で「豊崎公認会計士事務所」を開所した。

豊崎公認会計士事務所
住所 〒305-0817
茨城県つくば市研究学園5-24-7
URL http://toyosakicpa.localinfo.jp/
 
税理士法人 タックスアドバイザーズ
住所 〒302-0013
茨城県取手市台宿1-3-10
URL http://tax-advisors.jp/

吉井 まずは、豊崎所長の歩みからお聞かせください。

豊崎 私は高校生の時、社会の役に立てる公認会計士の仕事に興味を持ちました。そこで大学卒業後は、東京の監査法人に勤務して資格を取得し、9年ほど監査の仕事を中心に経験を積んだのです。その中で地元・茨城の力になりたいと思い、税理士事務所で1年半勤めた後、2017年10月に当所を開業しました。加えて現在は、税理士法人でも活動しているんです。

吉井 具体的には、どのようなお仕事をされているのでしょうか?

豊崎 会計・税務の支援業務をはじめ、M&A戦略や事業継承のコンサル、会計監査、補助金申請支援などを手掛けています。茨城では中小企業が多く、節税の対策が中心になりますが、会計を通じた経営に関するサポートを手掛けることで、地元企業を活性化させられないかと考えているのです。そこで、これまでの公認会計士としてのキャリアを生かし、当事務所では、会計・税務だけではなく、経営の視点に寄ったアドバイスにも注力しています。

吉井 茨城において新しいスタイルを目指していらっしゃるのですね。その中で、どのようなことを心掛けていますか?

豊崎 地域や会社規模によって、経営者様一人ひとりのニーズは異なります。ですから、ご要望に正確にお応えするために、コミュニケーションを密に取るようにしていますね。また、法人登記などの専門外の知識も勉強するようにしていまして、さらに監査の業務経験も併せることで、幅広い知識を持ってご相談に乗ることができるのです。

吉井 そこまで親身に対応してくだされば、経営者様も心強いでしょう。

豊崎 ありがたいことに、経営者様からは「豊崎さんのおかげで勉強になった」とおっしゃって頂けることも多くて、そのときは本当に嬉しく、この仕事をしていて良かったと感じますね。一方で、経営者様とビジネスについてお話しすることは、私にとっても刺激や学びになりますし、常に発見があるのです。

吉井 お互いに高め合うような関係を築いていらっしゃるのですね。では、今後の目標などを教えてください。

豊崎 今後も自分の知識を増やし、経験を積み重ねながら、より多くのお客様に喜んで頂けるよう努めていきたいと思っています。そして、高齢の経営者様が後継者に仕事を引き継ぐことができ、さらにこれから起業を目指す若い世代の方々が増えていくように、より気軽に相談して頂ける存在になりたいですね。そうして、お客様の会社と共に当社も成長していくことで、茨城で新たな雇用を創出できたらと考えています。特に、自分と同世代の30~40代の方々と互いに切磋琢磨し合いながら、地元である茨城を一緒に盛り上げていくことが目標です。

GUEST COMMENT

吉井 怜

これまで税理士事務所と言うと、「税務の相談をするところ」という堅いイメージがありましたが、豊崎所長はとてもお話ししやすく、実際はもっと身近な存在なのだと感じました。「地域を活性化させたい」という強い思いを持つ所長は、茨城の救世主のようですね。これからのご活躍を応援しています。


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則