インタビュー

建築

川﨑 一括して携わって頂けるのは、クライアント様にとって心強いですね。高所での作業には、かなり高度な技術を身に付けなくてはならないのでは?

内村 そうですね。例えばオペレーターには、危険が伴う現場で作業にあたる作業員との連携が求められますし、その機械操縦にも高い技量が必要となってくるのです。そこで当社では、創業時から人材教育にかなりの力を注いできました。そのかいもあって、当社に在籍しているスタッフは、一人ひとりが1つの現場を請け負えるほどの優れた技術力を持っています。そして現在では、多くのご依頼を同時にお受けできる体制が整っているのです。そうして1人ずつ別の現場に派遣する中で、仲間として信用できるのはもちろんのこと、クライアント様からの信頼も厚く、安心して仕事を任せられるところが当社の強みと言えますね。

川﨑 代表自らが手塩に掛けて育成されてきたわけですね。

内村 ええ。営業と事務作業と教育を同時にしなければならず、仕事を増やすことと人を育てることのバランスを取るのは難しかったです。しかし、いざ仕事が増えても、オペレーターがいなければクライアント様にご迷惑を掛けるだけですから、「必ず仕事が増えていく」と信じ、スタッフを育て続けてきました。

川﨑 まさに攻めの姿勢がうかがえますね。今では、スタッフの皆さんも優秀な方ばかりでしょう。

内村 はい。当社には、責任感や向上心の強いスタッフが揃っているんです。絶対に遅刻をしない、現場を止めないなど、私から厳しい要求もしますが、その分気持ち良く仕事に取り組んでもらえるよう、業界水準を上回る給与や待遇を心掛けています。

全国展開からさらなる夢を追う

川﨑 お話を伺っていると、代表は何よりも「人」を大切にされているように感じます。

内村 おっしゃる通りです。いくらお金を持っていても、人脈がなければその意味がありません。それに、お金がなくなっても、人脈さえあれば一からやり直すことができます。だからこそ私は、人脈だけは何があっても守り通してきました。
 それに、仕事はもちろん大事ではありますが、私が最も大切にしているのは妻と子どもです。高所作業車オペレーターは危険な仕事で、今日は元気でも明日にはどうなっているか分かりません。1日1日の仕事を決して軽く見ず、真剣に向き合うよう、常に肝に銘じています。

川﨑 では最後に、今後のビジョンはいかがですか?

内村 当社ではまだ高所作業車を持っていませんが、このまま信頼を高め実績を積むことで、ゆくゆくは自社で保有したいですね。また、当社の優秀なスタッフを全国各地に赴任させ、営業所を構えたいと考えています。いずれは建設車輌を運ぶ運送業にも着手し、全国規模で活躍することが最終的な目標です!

GUEST COMMENT

川﨑 麻世

人知れず努力を重ね、現在も一人何役でご活躍中の内村代表。人との出会いを大切にし、決めたことをすぐ行動に移す代表からは、人生は一度きり、もし失敗してもそのこと自体が成功に近づいている証拠であるという前向きな情熱を感じました。挑戦を続ける(株)正興さんのさらなる発展を願い、私も陰ながら応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ