インタビュー

建築

株式会社 八木電気

幼少期から電気に興味を持ったことで工業高校に進み、本格的に電気技術を学ぶ。前職で手掛けていた電気設備工事の事業を引き継ぎ、2007年に個人事業主として独立。その後、事業拡大に伴い、2015年に(株)八木電気として法人化を果たした。

株式会社 八木電気
[本店] 〒420-0949
静岡県静岡市葵区与一3-10-16
[支店] 〒420-0949
静岡県静岡市葵区与一6-13-30
URL http://yagi-d.com/

石黒 八木社長は、もともと電気がお好きだったと伺いました。

八木 はい。小学生の頃から趣味でラジオを組み立てており、工業高校に在学中は、まだパソコンという言葉が世間に浸透していない時代でしたが、すぐに購入し、夢中になって遊んでいましたね。これまでを振り返ってみると、私の人生は電気一筋だったかもしれません。

石黒 そこからお仕事に就かれて、独立に至るまでの経緯が気になります。

八木 前職の会社が、通信設備工事と電気設備工事を手掛けていたのですが、携帯電話の普及に伴い、通信工事事業へ一本化することが決まりまして──。私としては電気工事の分野でさらに上を目指していきたかったので、自ら名乗りを上げ、電気設備工事の業務を引き継ぎました。そうして、個人事業として開業した後、妻の支えもあって次第に軌道に乗ってきたことから、法人化に至った次第です。

石黒 社長の電気への熱意がひしひしと伝わってきます。では、現在の業務内容についても教えて頂けますか?

八木 当社では発電所・変電所のメンテナンスや、法人様向けの電気設備工事と保守、一般のご家庭様にエアコンの工事・クリーニング、アンテナ・照明などの取り付け工事を手掛けています。必要な機材を自社で揃えているので、工事から完了時の諸試験まで一貫して携われるだけでなく、電気に関わることなら何でも対応できるのが大きな強みです。ありがたいことに口コミを中心にお客様がどんどんと広がっており、わざわざ当社を探して依頼をくださるお客様も多いんですよ。

石黒 社長のお仕事ぶりがお客様に信頼されている証ですね。お仕事に対して、ご自身ではどういったところに魅力を感じていらっしゃいますか?

八木 電気工事が出来上がるまでの過程が見えることや、完成したときの満足感を得られるところですね。また、工期が短かったり、難易度の高い工事を無事に終わらせ、お客様に喜んで頂けたときにもやりがいを感じます。
 一方で、電気を取り扱う作業には危険が伴うもの。ですから、当社では絶対に事故を起こさないよう安全第一を徹底しております。月に数度、災害事例を使ったディスカッションや、高所作業・高電圧作業に必要な安全呼称訓練を行っているんです。

石黒 お話を伺っていると、社長にとってこのお仕事は、まさに天職と呼べるものですね。この先のご活躍も大いに楽しみです。

八木 ありがとうございます。今後は従業員を増やしていきつつ、より高性能な試験機材を導入することで、仕事の幅を広げていくつもりです。そうした活動を通じて、より多くのお客様の期待にお応えしてまいります!

GUEST COMMENT

石黒 彩

電気という自らの「好き」を生業にするべく、これまで努力を重ねてこられた八木社長。生き生きとした表情で、お仕事への熱い思いを語ってくださるお姿が、とても印象的でした。電気は私たちの暮らしに欠かせないもの。今後も、より多くの方々のライフラインを支えていってくださいね!


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ