• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 春崎電気工事 代表取締役 / 1級電気工事施工管理技士 春﨑 龍一

インタビュー

建築

鶴久 それは素晴らしい。どんな依頼にも真摯に向き合われる姿勢が、お客様の信頼を生むのでしょうね。お仕事の中で、大切にされていることは何ですか?

春﨑 お客様に喜んで頂くためにも、社員が夢や目標を持って熱心に働き、スキルアップできる環境をつくることですね。社員は、「頑張って稼ぎたい」「家族や趣味を大切にしたい」というように、一人ひとり望むものが異なります。当社は、その全てを応援できる会社でありたいのです。そのために、社員からの相談を受け、それをかなえるためにはどうすれば良いのかをアドバイスします。そうして、それぞれが資格を取得したり、できることの幅を広げたりしていくことで、待遇も良くなりますし、自ずと会社としてのスキルも上がっていくのです。

鶴久 指示するのではなく、社員自身のモチベーションを高めるという発想が素晴らしいと思います。

春﨑 職人のものづくりには限界があり、1+1が4や5になることはありません。では何が必要かと言うと、一人ひとりの実力を1.1や1.2に上げ、さらにそれらが相乗効果を生むよう、お互いに協力し合うことなんです。そのため私は、会社が求めるものを社員にはっきりと伝え、自ら成長したいと思ってもらえるように促しています。

地域ナンバーワンの会社へ

鶴久 社長にとって、このお仕事のやりがいはどこにあるとお考えですか?

春﨑 電気工事は、単に照明を付けるだけの仕事ではありません。快適な暮らしや環境を創造する「文化」の一端を担う仕事だと自負しています。そのため、施工した現場を通り掛かり、そこに明かりが点いて人々の生活があると、大きなやりがいを感じますね。以前にも、当社が工事を手掛けた保育園の横を通ったら、子どもたちの笑い声が聞こえてきて、思わず嬉しくなりました。

鶴久 社長がお仕事を通じ、充実した日々を送られている様子が伝わってきます。では、今後の展望についてもお聞かせください。

春﨑 電気工事は、エジソンが電球を発明して始まったものですから、まだまだ歴史の浅い分野です。しかし、その短い間に目覚ましい技術革新を遂げてきました。そう考えると、これからも電気工事の技術は進化を続けていくはずですから、それに置いていかれないよう、当社も挑戦を続けていきます。
 そして、福岡で誰もが名前を知っているような、地域ナンバーワンの会社に成長させることが目標です。そのためにも、ゆくゆくは他のエリアにさらに支店を増やしていきたいですね。

鶴久 御社のご活躍で、福岡県がますます元気になることを期待しています。

春﨑 ありがとうございます。まずは電気工事業界から建設業を盛り上げることで、福岡、九州、そして最終的には日本を元気にすることに貢献したいですね。そのために、今後も地域社会を安心、安全、快適な電気で照らしていけるよう、信頼する社員たちと共に頑張ってまいります。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

利益を追求するだけでなく、社員さんやそのご家族、そして地域の方々の暮らしに貢献しようと尽力される春﨑社長。外国人の方など、今後も社員さんを増やしていかれるそうですから、より強固なチームに成長していくのが楽しみです。「いつか、社員の子どもに『働きたい』と思ってもらえる会社にしたい」とのこと。その素晴らしい夢をぜひ実現されてくださいね!

1 2


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則