インタビュー

美容・健康

SALON BERRY

20代で結婚した後、美容商材の販売に従事する。知人の紹介をきっかけに「温活」に興味を抱き、自宅にてプライベートサロンを設立。開業16年目を迎えた2018年3月、より多くの顧客のニーズに応えるため、市内に店舗開業を果たした。

住所 〒434-0042
静岡県浜松市浜北区小松341 A-2
URL http://salon-berry.com/

川﨑 久米代表は、長年にわたりエステサロンを手掛けられているそうですね。どういった経緯で開業に至ったのですか?

久米 美容関連には昔から興味があったのです。そして、前職で美容商材の販売を手掛けていた時、知人の紹介で、冷えを解消して体を温める活動「温活」の存在を知るようになりまして。実際に試してみるとその効果に感動して──それをもっと世に広めていきたいという思いから、当サロンの開業に至りました。

川﨑 そうだったのですね。詳しい施術内容が気になります。

久米 当サロンでは「お手軽に10歳若返り」というコンセプトを掲げておりまして。主に、「光 温熱全身ドーム」「光 温熱ハーフドーム」という温熱機器や、10分間乗るだけで9kmマラソンに相当する運動量を消費できる「dodonpa」を使用することで、適度な発汗を促し、より良い温熱効果を生み出します。また、当サロンが採用しているコスメは、ヒト由来神経幹細胞培養液の成分を配合したもの。細胞レベルのエイジングケアを実現した「アンチエイジング」と「温活」を組み合わせた施術を提供しています。

川﨑 体を温めるということが健康や美容にとって重要なのですね。

久米 ええ。体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍増加すると言われているように、理想的な健康体温とされる36.5℃を維持するのは、人間が正常に生きていく上でとても大切なこと。私はこの事業を通じてそれを広く伝えていき、一人でも多くの方に元気になってもらいたいのです。かつての私自身がそうであったように、健康になることで心や考え方、行動が変わり、10歳も20歳も美しく若返ることができます。実際、当サロンとの出会いが人生の転機のきっかけとなったお客様もいらっしゃって──。そうしたときには、大きなやりがいを感じますね。

川﨑 使命を持って事業に取り組まれている代表のお姿には、とても感銘を受けます。最後に、今後のビジョンについてはいかがですか?

久米 同様のコンセプトを持つサロンを全国展開していき、ゆくゆくは海外進出も視野に入れていけたらと考えています。体を温めることで根本からの改善を目指す健康美容サロンにご興味がありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。その改善に向けたサポートに全力で取り組んでまいります。

GUEST COMMENT

川﨑 麻世

「自分の体験を通じて、温活の素晴らしさを伝えていきたい」とおっしゃっていた久米代表。エネルギーに満ち溢れ、どこまでも明るいお人柄を持つ代表は、お客様にとってまるで太陽のような存在であると感じました。海外を見据えた今後のご活躍にも大いに期待しています!


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則