インタビュー

建築

川﨑 その中で、社長が従業員の方たちに日頃から伝えていらっしゃることは何かありますか?

清水 「実践的経験と科学的根拠に基づいた行動をしてほしい」ということですね。あらゆる作業に存在する手本やマニュアルは、科学的根拠となるもの。そして、それらを自分の経験と照らし合わせて、どのように汎用・応用していくかが、実践的経験。私は良い仕事をするためには、この両方が重要だと考えています。お客様のニーズにお応えするために、多くの経験と作業の手本に基づいた仕事をしていれば、さまざまなご要望に円滑に対応できると思うんです。そうして、指導を通して従業員に自ら考える姿勢が身に付き、成長が見られることも、大きなやりがいの1つとなっていますね。

川﨑 基礎を徹底した上で、自主性を重視した指導をしていらっしゃるのですね。こちらでなら、従業員の方も伸び伸びと働けそうです。

清水 また、お客様とのコミュニケーションも大切にしていて─例えば机の整理整頓1つを取っても、どの程度で整理されていると判断するかには個人差がありますし、そういった価値観の違いをないがしろにしたくないんです。双方で感覚が異なる部分はきちんと意思疎通を図り、擦り合わせをしながら、お客様との信頼関係を築いていきたいと思っています。

ゆとりをつくり社会貢献に還元

川﨑 お話を伺っていて、まだまだ成長していかれそうな勢いを感じます。今後のビジョンについてはいかがですか?

清水 まずは従業員が満足のいく生活を送れるように、しっかり会社を成長させて、その分を還元していきたいです。そして、これは従業員だけでなく協力会社にも呼び掛けていることなのですが、事業を成長させて自分たちが潤ったら、ボランティア活動に力を入れたいと考えているんです。ゴミ拾いでも福祉施設のイベント参加でも、どんなことでも良いので、自分たちのゆとりを社会貢献という形で還元したい─それが巡って、自分たちに戻ってくるかもしれませんからね。そうして多角的な活動を続けていき、「住宅のことなら『3S-Planner』にお願いすれば大丈夫」と皆様にお声掛け頂けるような会社を目指して、これからも努力を続けてまいります。

GUEST COMMENT

川﨑 麻世

誰かの役に立つことに喜びを感じていらっしゃる清水社長。私も芸能活動の中で、自分のためではなく人のための仕事ができたときに大きなやりがいを感じるので、対談を通して共感できるお話が多々ありました。社長のように人望が厚い方の元には、自然と仲間が集まってくるもの。これからもぜひ、社会のために事業を成長させてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則