インタビュー

美容・健康

Voce

30歳で夫と共に中古車販売事業を立ち上げる。経営する傍ら、「より自分が好きなことを生かせる仕事をしたい」との思いが芽生え、35歳から東京のネイルスクールに通うように。知識と技術を習得した後、知人と共同経営でネイルとエステのサロンをオープン。2000年に完全独立を果たし、「Voce」を開業した。以後、今日に至るまで、良質な施術と真摯な姿勢で多くのリピーターから愛され続けている。保有資格は、AJESTHE認定講師、AJESTHE認定衛生管理者、日本エステティック協会認定トータルエステティックアドバイザー、CIDESCO認定インターナショナルエステティシャン、AEA認定インターナショナルエステティシャン、認定美容脱毛エステティシャンなど多岐にわたる。

Voce
住所 〒431-3124
静岡県浜松市東区半田町241
フリージアⅡ1F-B
URL https://voce-esthetic.jimdo.com/

静岡県浜松市に根ざし、長年にわたり確かな施術を提供し続けているエステサロン「Voce」。代表の石川氏は顧客第一を掲げ、接客・施術・設備の全てに妥協を許さぬ姿勢を貫いている。その志の原点に、俳優の川﨑麻世さんが迫った。


顧客への思いが独立を後押し

川﨑 こちらは2019年で開業20年目を迎えられる老舗のエステサロンだと伺いました。まずは、石川代表がこの道に進まれたきっかけから教えて頂けますか?

石川 私は30代頃まで、夫と一緒に中古車販売の事業を手掛けていました。ただ、次第に「自分の好きなことを仕事にしたい」という気持ちが強くなって、都内のネイルスクールに通うようになったんです。その中で、エステティシャンの知人から「一緒にお店を開かないか」と誘いを受けて。そこで、最初はネイリストとして、浜松駅近くでお店をオープンする運びになりました。

川﨑 なるほど。今は代表もエステティシャンとしてご活躍されているわけですが、そこに至った経緯というのは?

石川 サロンを運営するうちに、当時の共同経営者と、経営に関する方針やお客様との接し方などさまざまな部分で食い違いが生じるようになったんです。また、その頃には私もエステの施術のスキルが身に付いていたので、それならばお互いに別々の店舗で再スタートを切ろう、となりました。

川﨑 共同経営から完全独立に踏み切られるのは、勇気のいる決断だったかと思います。

石川 ええ。実際、そのまま業界から離れようかとも思いました。しかし、そのことを知ったお客様から、「あなたを信用して来ているんだから、辞められては困る」と言って頂いて──そのお言葉に奮起して、このサロンの立ち上げに至ったのです。

川﨑 お客様の存在があったから、今もこうして活動を続けられていると。

石川 おっしゃる通りです。ありがたいことに、これまで主に口コミや紹介で続けてきましたが、多くのお客様がお越しくださっているんです。中には、20年以上お付き合いのある方も大勢いらっしゃるんですよ。そんなお客様のご期待にお応えしたいという気持ちが、サロンを続ける上での何よりの原動力になっています。

こだわりの施術をリーズナブルに

川﨑 現在はどういったメニューを提供していらっしゃるのですか?

石川 老廃物の排出やセルライトケアに高い効果があるエンダモロジーをメインに、フェイシャルや光脱毛、ゲルマニウム浴、ネイルケア、フットケアなど幅広く手掛けています。
 また、やはりエステは長く通って頂くことで効果が持続するものですから、当サロンでは、それぞれのメニューの価格を相場よりもリーズナブルに設定しているんです。お支払いも都度払いにしているため、1回ごとのお客様のご負担を軽減し、無理なく通って頂けるよう努めています。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則