インタビュー

ライフスタイル

メンタルのサポート 心の寄り添い人

佐賀県出身。30年以上公務員として働くも、心労からうつ病と診断される。自身が相談して心が救われた経験から、カウンセラーを志すようになり、2017年3月に公務員を退職。準備期間を経て2018年3月に「メンタルのサポート 心の寄添い人」を開いた。

メンタルのサポート 心の寄り添い人
住所 〒223-0053
神奈川県横浜市港北区綱島西1-10-11
タケオビル 4F
URL https://cocoronoyorisoibito.com/

杉田 山田代表のこれまでの歩みを教えて頂けますか?

山田 これまでは農林水産省に長年にわたって勤めていました。その中でいろいろな理由から心労が重なり、40代の頃にうつに悩まされるようになってしまったんです。その頃に心の悩みを聞いてもらう機会があり、話してみたら心が晴れていくような気持ちになって。「こんなに素晴らしい仕事があるのか」と魅力を感じると同時に、自分が本当に就きたい仕事だと思い、心理カウンセラーを志しました。そして、退職して1年間勉強に専念した後、2018年3月にこちらを開いた次第です。

杉田 辛い経験を乗り越えられて今に至るのですね。具体的にはどういった事業を手掛けていらっしゃるのですか?

山田 基本的には相談者の方の話をじっくりお聞きすることをベースにしています。その中で、こちらから投げ掛けをして、相談者自らが気付き、先に進めるお手伝いをするのが私の役目です。自分のことは案外自分では気付けないものですから、客観的な視点を持って相談者の方に救いの手を差し伸べるよう努めています。私自身がうつで苦しんでいる時に助けてもらったことを、今度は相談者の方にしてさしあげたいと思うのです。
 また、特にかつての私と同じように苦しむ公務員の方の力となれる存在でありたいですね。元公務員の心理カウンセラーとして、具体的で的確なアドバイスができることが強みです。

杉田 公務員の方特有のお悩みに寄り添えるのですね。また、ホームページにも代表の思いが丁寧に書かれているのが印象的でした。

山田 ええ。当所のホームページを見てくださっている方はそれなりにいらっしゃいます。その方々に、1つの仕事に一生懸命打ち込んだ過去をはじめ、これまで50年間の人生経験を生かしたアドバイスができるという特長をお伝えしたいのです。そして、気軽に訪れやすく相談しやすい環境を用意して、皆さんを支えていきたいと思います。

杉田 代表のように優しく親しみやすいお人柄なら、きっと多くの方に頼られると思います。

山田 ありがとうございます。人には大なり小なり悩みがあるもの。相談者の方には、私のカウンセリングによって少しでも気を楽にして頂けたら嬉しいです。そして、できることなら病気になる前にお話を聞くことができればと思います。

杉田 最後に、悩みを抱える皆さんへのメッセージを頂けますか?

山田 私は30年以上公務員として働いてきましたが、これからはそれと同じ年数を心理カウンセラーとして頑張るつもりでいます。その中で、相談者の方にとっての、“気付き”の道標のような存在となり、少しでも多くの心のお悩みを解決していきたいと思います。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

山田代表のお話からは、ご自身の進むべき道に対し、明るい未来を描いていらっしゃる様子が伝わってきました。お悩みを抱える方の気持ちを深く理解されている代表のような存在は、ストレス過多の現代だからこそ重要だと思います。これからも多くの方のお悩みを聞いて、回復へと導いていってくださいね!


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則