• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 合同会社 あす・なろ / 合同会社 ボン 代表社員 田中 愛海

インタビュー

サービス

合同会社 あす・なろ / 合同会社 ボン

祖父母が始めたハウスクリーニング・リフォーム事業を、母の手を経て3代目として引き継ぎ、2015年に(同)ボンとして法人化。そのつながりで民泊運営代行事業の話が持ち上がり、2018年に(同)あす・なろを設立した。住宅宿泊事業法の住宅宿泊管理業者として登録済み。

ロゴ
合同会社 あす・なろ
住所 〒111-0023
東京都台東区橋場1-2-9 但馬ビル1F
URL http://asunarollc.com/
合同会社 ボン
住所 〒167-0034
東京都杉並区桃井4-11-20
URL https://bonllcaks.wixsite.com/mysitebon

杉田 御社は民泊事業を手掛けていらっしゃるそうですが、始められたきっかけは何だったのでしょう。

田中 実家が祖父母の代からハウスクリーニングやリフォームの事業を営んでいて、母の後に私も3代目として引き継ぎました。その中で、施工したのに空室となっている物件があり、何とか有効に利用したいと考えた時にたどり着いたのが民泊事業です。2018年3月に会社を設立し、その6月には民泊の新しい法律に則った住宅宿泊管理業者として登録することができました。

杉田 新しい法律ができたというのは、ニュースで耳にしたことがあります。

田中 建物に住んでいない方が民泊を運営される場合は、管理業者と業務委託契約を結ぶ必要があり、これまで工事でお世話になった物件オーナー様に、空室対策の1つとして民泊をご提案できるようになりました。日本らしさを残しつつ、外国人の方が利用しやすいようにリフォームするところから、最大手の民泊サイト「Airbnb」の運用まで、トータルでサポート致します。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒