インタビュー

スペシャリスト

石黒 そのチャレンジ精神が素晴らしいです。こちらでは、どのようなご依頼を受けているのですか?

坂本 当所は離婚や相続のご相談、刑事事件の弁護などを扱う他、福祉の現場での勤務経験を生かして、介護・福祉に関する法律分野にも力を入れています。また、以前には司法書士として不動産登記に関する業務を行ってきた実績もありますので、不動産取引の分野についてはワンストップで行えるのも特長です。

石黒 いろいろな職種を経験されてきたというのは所長の強みになりますね。

坂本 ええ、その部分は同業者と差別化を図れる点だと捉えています。実際にご相談に来られる方は、さまざまな悩みやトラブルを抱えていますから、経験豊富な私だからこそ共感でき、親身になれる部分があると思っているのです。

石黒 依頼者と接する上で、特に心掛けていらっしゃる部分は何でしょうか?

坂本 どのような案件であっても依頼者とのコミュニケーションを大切にし、「先生」と「依頼者」という接し方にならないようにすることですね。一般的に、弁護士という職業は依頼者の言い分を通すことを最優先にします。ですが、それでは最後に誰も幸せになれないという結果になってしまうことも・・・。そこで、私は依頼者と一緒に悩みながら、依頼者にとって最終的に最善となるような解決方法を探ります。それは必ずしも裁判に勝ったり、慰謝料をたくさん取ったりすることとは限りません。数年後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまったら、それは弁護士の仕事としては失敗ですからね。依頼者や、そのご家族にとって人生を左右する一大事なのですから、私も覚悟を持ってご相談に応じるよう心掛けています。

ゲスト石黒 こんなに頼りになる弁護士の先生がいらっしゃると、依頼する側としても安心できますね!それでは、今後の抱負をお聞かせください。

坂本 事務所の規模を拡大していこうとは考えていません。今後も一つひとつ丁寧に目の前の案件に立ち向かっていき、より多くの依頼者の未来が明るくなるサポートを続けていければ幸いです。

GUEST COMMENT

石黒 彩

福祉施設で働きながら、司法書士、弁護士と次々に難関資格にチャレンジされてきた坂本所長。同じ女性として、とても頼もしく思えます。また、親しいお友達のように相談に応じてくださるというスタンスは、私が今まで思い描いてきた弁護士像とは全く異なるものですし、とても感銘を受けました。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ