• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 回復整体 HIRO 代表 / 日本回復整体総合学院講師 佐藤 大典

インタビュー

医療・福祉

回復整体 HIRO

(一社)シンデレラストレッチ協会認定インストラクター
学生時代はバスケットボールに打ち込む。高校卒業後、一般企業に就職する傍らで整体の学校に通い、知識と技術を身に付ける。2017年、出身地の東京・八王子に「回復整体 HIRO」を開業。カウンセリングを重視した独自の治療で多くの人々に笑顔を与えている。

ロゴ
回復整体 HIRO
住所 〒193-0832
東京都八王子市散田町4-12-5 パザパ 102
URL http://seitai-hiro.com/

石黒 こちらは、カフェのように明るく素敵な雰囲気の整体院ですね。まずは、佐藤代表が開業されるまでの歩みをお聞かせください。

佐藤 私は高校時代までバスケットボールに打ち込んでいたのですが、ケガに悩まされることが多かったのです。そういった経験を生かし、卒業後は働きながら手技を中心とした整体の学校に通い、知識と技術を身に付けました。そして、2017年に当院を開いた次第です。

石黒 実際に、どういった施術をされているのでしょうか?

佐藤 当院では、痛みの根本原因にアプローチする治療を手掛けています。体に負担がかかるのは、そもそも姿勢の歪みや生活習慣に原因があるからなんです。そのため、「いつから痛いのか?」「どうすると痛いのか?」や、ご自宅のテレビの場所や座る位置、キッチンの高さなどを伺うことで、痛みの原因を特定するためのカウンセリングを重視しています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒