インタビュー

スペシャリスト

杉田 実際に独立されて、手応えはいかがですか?

福岡 かつて経営を担っていた店舗に関しては、よりフラットな目線でアドバイスできるようになりました。また、ありがたいことに周囲からコンサルティングの実績を評価して頂き、今では飲食業界以外の企業様からもご依頼を頂けるようになったんです。

一度関わった人とは一生の付き合いを

杉田  現在の事業内容としては、やはりコンサルをメインに手掛けていらっしゃるのでしょうか。

福岡 ええ。一般的な経営コンサルはもちろん、危機管理サポートや人材マネジメントなど、お客様の店舗・企業経営を多角的にサポートしています。また、新たに事業を始められる方へ向けた起業支援アドバイスも手掛けていますよ。

杉田 お客様と接する上で、社長が普段から心掛けていることはありますか?

福岡 1つは、決して相手を裏切らないことですね。お客様は多くの同業者の中から私を選び、頼ってくださっているわけですから、「何としても結果を出す」という強い気持ちで臨んでいます。
 もう1つは、やはり一緒に楽しく仕事をするということです。スタッフが楽しく働ける環境をつくるには、まず自分たちが楽しんで取り組む必要があります。そして、結果が出た喜びは楽しさに変わるもの。最終的には、お客様と私が友達のような親しい間柄となってお付き合いできるのが理想だと考えています。

杉田 「楽しく働く」ということは社長の原点ですものね。そのスタンスがぶれないからこそ、社長の下には多くの方が集まってくるのだと思います。

福岡 そう言って頂けると嬉しいです。私自身、一度でも関わった方とは一生のお付き合いをさせて頂きたいという気持ちがあります。そうして築き上げてきた人脈は、当社の何よりの強み。人によっては、その縁を自ら切る方もいますが、それはとてつもなくもったいないことだと思いますよ。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則