インタビュー

建築

杉田 頼もしい仲間たちに支えられて今があるのですね。お仕事の内容としては、現在どのような現場を主に手掛けていらっしゃるのですか?

荒川 当社は建物の給排水設備工事や消火設備の施工をメイン事業としており、最近は大学病院やビルのレストランといった、大型施設の配管も任せてもらっています。同じ図面であっても、どこに配管を通すか、どこで曲げるかというセンスは、業者によって如実に差が出るんですよ。

杉田 職人のスキルが問われると。

荒川 ええ。当社の職人は熟練の技術を持っていることはもちろん、常日頃からどんな仕事にも責任を持つというプロ意識を徹底させているので、仕上がりには絶対の自信があります。そして、ベテラン社員が積極的に若手を指導していくという体制も築いているのです。

杉田 若手とベテラン勢との間でチームワークが出来上がっているとあって、とても頼もしいです。

荒川 ありがとうございます。また、社員には「攻めた仕事をしよう」と伝えています。現場では多種多様な業者が作業をしているのですが、互いに協力しつつも、言うべきことはきちんと言っていこうと。それが結果的に良質な施工につながりますし、実際に、お客様からは「荒川設備に任せておけば間違いない」というお言葉をかけて頂いているのです。

杉田 それでは最後に、今後のビジョンについてはいかがですか?

荒川 知名度の高い大規模な現場に携わる機会を増やしていき、会社を成長させたいですね。そして、給排水設備工事に加えて空調設備工事にも乗り出し、1つの現場で両方の工事を手掛けることが目標。どの現場でも若い子たちがやりがいを感じながら楽しく働ける環境づくりに注力し、業界の人材不足解消にも貢献していければ幸いです。

GUEST COMMENT

杉田 かおる

「自分は背中で語るタイプ」とおっしゃいながらも、社員の誰かが落ち込んでいるとフォローせずにはいられないという荒川社長。そうした繊細な部分を持ち合わせていらっしゃるからこそ、若い人材が社長の元に集まってくるのだと思いました。今後も信頼の仲間たちと共に、会社を成長させていってくださいね!。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則