インタビュー

建築

杉田 1回の施工で大きな効果が見込めそうですね。どのような建物への施工が多いのでしょう。

西藤 個人の住宅がメインで、時にはホテルや工場といった大型の建物を手掛けることもあります。最近では、以前からお付き合いのあった企業のご紹介や、施工したお宅の近隣の方からご依頼を頂くことも。そして、塗装の施工は塗り方1つで仕上がりが変わりますから、確かな腕を持つ自社の職人が一貫して手掛けているのです。

杉田 自慢の技術によって、素晴らしい仕上がりになるのですね。

西藤 ええ。施工に際しては技術力はもちろん、対応力にも気を配っているんです。お客様へのあいさつや、現場の清掃は当然徹底し、社内の情報共有もしっかりと行います。また、なかなか施工の様子を目にされないお客様のためにも、工程ごとに写真を撮影し、ご確認頂いているのも当社の特長です。何かあっても対応できるよう、私も毎日のように現場に出ています。そうしてご提案から施工完了、アフターフォローまで長く携わり、お客様の喜ぶ姿を見られることが、この仕事の大きなやりがいです。

杉田 お客様思いですから、安心して依頼できますね。では、今後のビジョンについてもお聞かせください。

イメージ西藤 まずは2023年頃までに、年商10億を上げることを目標としています。いずれは、内装や足場工事などリフォームに関わる全てを当社で手掛け、よりコストを抑えた提案ができるようにしたいです。そして、リフォーム事業で地盤を固めたら不動産事業にも手を広げ、多様なサービスを提供したいと考えています。
 これからも、最初から最後までお客様をサポートしますので、気になることがあれば何でもご相談頂きたいです。街中でお客様とお会いした際、にこやかにお話しできるような関係を築くため、しっかりとした仕事を続けてまいります。

GUEST COMMENT

杉田かおる

過去の経験を生かしつつ、お客様一人ひとりと誠実に接していらっしゃる西藤代表。ご近所での口コミによって依頼が集まることもあるそうで、代表の対応が評価されている証なのだと思います。地道な仕事を続けていらっしゃる姿勢が素晴らしいですし、これからますます成長していかれるのが楽しみです!

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ