インタビュー

医療・福祉

川﨑 かなり幅広く施術のご経験を積まれてきたのですね。

金森 ええ。そのため当院では、ケガや肩こり・腰痛、姿勢矯正をはじめ、さまざまな施術に対応することができます。言うなれば、“総合病院のような接骨院”を目指しているんです。それも、単に幅広いだけではなく、一つひとつの施術を高い水準で行うことができると自負しています。

川﨑 多様かつ高度な施術を1つの院で受けられるとは、地域の方にとって心強いでしょうね。では、患者さんと接する際に心掛けていることはありますか?

金森 治療に入る前に、症状や施術内容などをしっかりと分かりやすく説明することですね。問診では、痛みのある箇所だけではなく全身をチェックし、根本の原因を探った上で、日常生活において気を付けて頂きたいポイントもお伝えしているんです。また、痛めた体に無理のないよう、治療中も患者さんの動作を補助してさしあげるなど、細やかな気配りを大切にしています。

川﨑 私自身も経験があるので分かりますが、体に不調があると精神的にも不安になるもの。そうしたときに温かく対応して頂けたら、患者さんも元気付けられると思います。

金森 そう言って頂けると嬉しいです。実際、患者さんの表情が明るく変わっていく様子を見ると、私もやりがいを感じます。以前には、「週末にどうしてもマラソン大会に出たい」という患者さんがいらっしゃって。その方は膝に腫れと痛みがかなり出ている状態でしたが、何とか実現してさしあげたいとの思いで、じっくり施術していきました。すると、徐々に膝を曲げられるようになり、最終的にはマラソンも無事完走されて──その時は本当に喜んでくださいましたね。

イメージ川﨑 素晴らしいエピソードです!その患者さんのように、今後も地域の方々が「ここに出会えて良かった」と思えるような院であり続けて頂きたいですね。

金森 私たちとしても、そうした存在になれるよう、これからは地域の皆さんとのつながりをより深めていきたいと考えています。初診でもリラックスして施術を受けて頂ける院づくりに努めてまいりますので、体に関するお悩みがあれば、まずはお気軽にご相談ください!

GUEST COMMENT

川﨑 麻世

金森接骨院さんには女性スタッフもいらっしゃって、小顔矯正など女性向けの施術もあるそうです。さらに平日は20時までと、仕事帰りでも通院しやすいのが特長的。老若男女問わず、体の痛みを抱える全ての方に頼られる院だと感服いたしました。より地域に根付いていかれることを、私も応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則