インタビュー

サービス

川﨑 そこから順調に経営を軌道に乗せ、事業拡大を続けてこられています。その要因はどこにあるとお考えですか?

岩﨑 とにかく、お客様である荷主様に恵まれたことですね。中でも大きかったのは、大手自動車メーカーのライン納入のお仕事をメインで頂けるようになったこと。他にも多くの方とのご縁に支えられ、栃木県や埼玉県など関東全域のルートに営業所を構えることができました。現在、社員は約120名おり、中には20年以上にわたり付いて来てくれている精鋭も30人ほどいます。周囲から見れば右肩上がりの経営なのでしょうが、私自身は特別それを意識したことはありません。社員を大事にしながら頑張ってきた結果、気が付いたらここまで続けてくることができた。それだけの話なんです。

自然体の交流が風通しの良い職場を実現

川﨑 運送業界は離職率が高いという話をよく耳にします。その中で、多くの人材が定着しているのはすごいですね。どのような工夫をされているのでしょう。

岩﨑 私が自然体で、ざっくばらんでいることですね(笑)。言いたいことは何でも言えるような雰囲気を出していますから、みんなが付いて来てくれるのかもしれません。それは新入社員に対しても同じで、忘年会などでは私から話しかけに行きますよ。その時に名前を覚えておいてあげると、みんな驚きますが、そこから距離がぐんと縮まるんです。

川﨑 社長が自分のことを認識してくれているというのは、新入社員にとって本当に嬉しいことだと思います。

岩﨑 また、私自身が農業やツーリングなど多くの趣味を持っていますから、社員にも「遊びなさい」と伝えているんです。本気で仕事に取り組むためには、本気で遊んでリフレッシュすることが必要ですからね。ちなみに、次の新年会はホテルのホールを貸し切り、参加者にボーナスや景品を用意するなど盛大にやろうと画策していますよ。

川﨑 そういった社長の計らいが、社員の方のモチベーション向上につながるのでしょう。では、業務面ではどういった指導をされていますか?

岩﨑 とにかく安全運転に努めることです。現在、当社は大手自動車メーカーや大手ハウスメーカーのライン納入を主に手掛けつつ、一般貨物運送も全国的に展開しています。それらの業務に携わるドライバーにはドライブシミュレーターによる訓練を行いますし、近年一般化しつつあるドライブレコーダーも何年も前から導入し、安全確認を徹底しているんです。おかげさまで、同業他社と比べて当社の事故率は非常に低く、自動車保険もこの業界では破格の割引率なんですよ。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則