インタビュー

サービス

株式会社 マルイワ

10代の頃からトラック運転手として独立し、運送業を手掛ける。1980年に24歳の若さで(株)マルイワを設立。大手自動車メーカーや大手ハウスメーカーからの運送依頼を受けつつ、着実に規模を拡大し続ける。社員とのコミュニケーションも欠かさない人徳によって高い社員定着率を実現し、2018年現在、総勢120名を超える企業にまで成長させた。

株式会社 マルイワ
住所 〒308-0857
茨城県筑西市小川1-1
URL http://www.8018maruiwa.co.jp/

茨城県を拠点に、全国規模での運送業を展開する(株)マルイワ。1980年の創業以来、トラック台数も社員数も拡大を続けてきた老舗企業だ。顧客はもちろん、社員とも強固な信頼関係を築く岩﨑社長の経営哲学とは。俳優の川﨑麻世さんがじっくり話を伺った。


顧客との縁を味方に業容を拡大

川﨑 御社は30年以上の歴史がある運送会社だと伺っています。一代で会社を成長させてこられた、岩﨑社長のこれまでの歩みからお聞かせください。

岩﨑 10代の頃に運送業界に入って以降、一筋に歩んできました。当時は映画の影響を受け、「トラックドライバー」の仕事に憧れましてね(笑)。18歳の頃には個人事業主として運送を手掛けていました。そして20歳を迎えると、トラックの台数と人員が少しずつ増えていき、1980年に24歳で当社を設立したのです。

川﨑 それほど若くして会社を設立されるドライバーは珍しかったのでは?

岩﨑 そうですね。今でこそ、運送業は届出制になったため新規参入しやすくなりましたが、私が会社を立ち上げた当時はまだ許認可制でした。実績も資金力も無い中で、認可を取るために信用を獲得するのには苦労しましたね。ただ、とにかく正確な仕事を積み重ねることで、念願の法人化を果たすことができました。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒