インタビュー

医療・福祉

創造の杜介護タクシー

もともと車好きなこともあり、運送業界へ進む。以来30年近く業界一筋に歩み、大型トレーラーの乗務員から外資系自動車メーカーでの現場責任者までも務める。その後、入院した母の看病をする中で介護タクシー事業の存在を知り、2017年1月に独立開業した。

創造の杜介護タクシー
住所 〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘6-39-3
URL http://souzounomori.com/

名高 栃原代表は、運送業での経験が豊富だと伺いました。

栃原 ええ。約30年近く運送業に従事し、大型トレーラーの運転手や現場責任者を経験してきました。ある時、母が入院しまして、その見舞いで連日病院に通う中で、介護タクシーの存在を知り興味を持つようになりまして。そして土砂降りの雨の日、病院の入口にいた私の目の前でおばあさんが運転する車が止まり、後ろのドアを開けるとおじいさんが倒れ落ちてしまったのです。慌てて私が担いで、看護師さんのところまで運んだのですが──老老介護の実態を目の当たりにした瞬間でした。それがきっかけで自分も何か貢献したいと考え、介護タクシーの事業で独立開業を決心したのです。

名高 介護タクシーの事業内容について詳しく教えてください。

栃原 国土交通省から認可を受けており、千葉県内であれば、祝日含め24時間いつでも体の不自由な方にご利用頂けるタクシーです。通院やお買い物をはじめ、付き添いの方も含めて最大で6名様までご乗車できますので、家族旅行や冠婚葬祭などにも対応。もちろん、車両には自動スライドドアに補助ステップ、スロープ付きリフトがあるなど、快適に乗り降りできる工夫が施してあります。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則