インタビュー

建築

株式会社 renoval

若い頃はプロゴルファーを目指してゴルフに打ち込む。その後、将来を見据えて不動産や建築を独学で学び、24歳で愛知県内のリノベーション会社に就職、翌年には転勤を機に上京。32歳で独立し、2018年に(株) renovalとして法人化を果たした。

株式会社 renoval
住所 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿2-22-15
エクセレントシティ恵比寿 503
URL http://renoval.co.jp/

松村 まずは、神取代表のこれまでの歩みをお聞かせください。

神取 20代前半まで、プロゴルファーを目指してプロテストに挑戦していました。しかし、年齢を重ねるうちに新たな道を模索するようになって。ゴルフを通じて知り合った経営者の方々に影響を受け、建築系の仕事に興味を持ち、名古屋のリノベーション会社に入ったのです。

松村 全く違う畑へ転身されたのですね。

神取 ええ。ただ、ゴルファー時代に先輩から人付き合いを学んでいたこともあり、営業としては順調なスタートでした。しかし、東京に転勤になってすぐの仕事で、大赤字を出してしまい・・・建築に対する姿勢を改め、一から勉強し直すことを決心したのです。仕事の合間を縫ってリノベーションに関する知識を独学で学び、提案時にもお客様と同じ目線でお話ができるよう工夫しました。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒