インタビュー

建築

水野 なるほど。職人としての熱い情熱が伝わってきます。

勝野 ありがとうございます。施工の際は、自分の新築マイホームを建てるような気持ちで、細かい部分の一つひとつにまで意識をしています。しっかりと確実に仕事をすることで、お客様の信用を得られるはず。そうして実際に出来上がったものに対して、お客様に喜びのお言葉を頂けることは私も嬉しいですし、目に見える仕事なので達成感も大きいのです。独立当初の頃は、自分が施工したものを夜中にわざわざ見に行ったりもしていましたね。

水野 それだけ社長ご自身が愛情を持って手掛けていらっしゃるということですね。従業員と接する上で大切にしていることはありますか?

勝野 私は従業員を仲間だと思っています。開業したばかりの頃は、私1人だったこともあり苦労が多く──今こうして従業員がいてくれるから、会社が成り立っているのだと実感しています。ですから感謝の心を持ち、従業員と同じ目線を心掛けているのです。また、従業員それぞれに個性がありますから、そこを意識した上での指導をしています。

水野 お客様だけでなく、従業員も大切にされる社長の姿勢には感銘を受けます。今後についてはどういった展開を考えられていますか?

勝野 むやみに会社を大きくしていこうとは考えていません。それよりも地域に根付き、この地域で家を建てるなら「グレースに頼もう」と思ってもらえるような会社になっていきたいと思っています。また、地域に恩返しをするという意味で、社会貢献の活動もやっていきたいですね。そうして今後も自分が納得できる仕事を続けていき、より多くのお客様のご要望に応えてまいります!

GUEST COMMENT

水野 裕子

お話を伺う中で、一つひとつの現場を堅実にこなしていく勝野社長のお仕事への姿勢が印象的でした。ご自身が手掛けられたものやお客様、従業員に愛情を注がれ、社会貢献も考えていらっしゃるとのことで、ご家族に誇れる素晴らしいお仕事をされていると感じました。これからの活躍も応援していますね。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ