インタビュー

建築

株式会社 グレースガーデン

手に職をつける仕事に興味を持ち、学業修了後は建築業界にてさまざまな業種に従事。その後、30歳で独立開業をすることを目標に、25歳で外構工事業界に携わる。経験を積み、2014年に独立。2017年には(株)グレースガーデンとして法人化を果たした。

株式会社 グレースガーデン
住所 〒463-0055
愛知県名古屋市守山区西新5-12
URL http://www.gracegarden.info/

水野 まず、勝野社長のこれまでの歩みからお聞かせください。

勝野 結婚して家族ができたことをきっかけに、子どもに誇れる仕事がしたいと思ったのです。そこで、もともと経験がある建築業界の中でも、特に興味があった外構工事業を極めるべく、親方に弟子入りしました。30歳までに独立することを目指し、がむしゃらになって経験を積んだ後、当社を開業したのです。

水野 では、現在の業務内容についてはいかがですか?

勝野 当社は、新築だけでなく、リフォームや修繕の外構・左官・土木・造成工事を請け負っていまして、お客様から直接ご要望を頂き、素早く丁寧な施工を心掛けています。お客様にご満足頂くために、お金をかけて良い素材を選ぶのは大切なことです。しかし、そうではない素材でも、デザインや使い方を工夫して良く見せることが、私たち職人の腕だと考えていまして。そうして長年培ってきた経験を生かすことで、安価な価格帯を実現できるのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒