インタビュー

サービス

水野 これほど順調に事業を拡大されるのは素晴らしいですね。それを実現できた要因はどこにあったと思われますか?

竹本 スタッフと信頼の置ける関係を築いてこられたことでしょうか。遺品整理は直に人と接する仕事だからこそ、何より人の力が大切になります。そして不思議なことに、人間性の優れたスタッフが自然と私の周りに集まってきてくれたのです。そのため当社の強みを聞かれたら、私は迷わず「人」だと答えますよ。

水野 そんなスタッフの方が揃うのは、社長ご自身の人徳も大きいと思います。

竹本 そう言って頂けると嬉しいです。1つだけ意識しているのは、高いモチベーションを持っている経営者の下には優秀なスタッフが集まるということ。だから私は自分が常に前進しながら、スタッフと一緒に夢やビジョンを語ることを大切にしています。

水野 では、会社としての今後の展望についてお聞かせください。

竹本 当面は不動産売買に注力していくつもりです。当社は不動産を専門に扱う会社ではありませんから、その分、数字に追われることなく、真にお客様目線でご提案ができると自負しているのです。

水野 収益の柱を複数持っている御社だからこその利点ですね。

竹本 はい。そして今後も社員を増やし、細かなご要望にも自社で対応できる環境を築きたいです。最終的には、1人のスタッフが多くのお客様や取引先と濃い人脈を築いている状態が理想です。今は物や情報が溢れているだけに、人と人との関係が大切な時代。スタッフ皆が人間力を磨き、お客様と生涯お付き合いできる会社にまで成長させることが目標です。

GUEST COMMENT

水野 裕子

目先の数字や方法論より、目的やビジョンを描くことを大切にされている竹本社長。お話を伺い、スタッフの皆さんが付いていきたくなる理由がよく分かりました。「起業当初から、ずっと『絶対に成功する』という強い思いがあった」と社長。そのモチベーションのままに、さらなる高みを目指されてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ