インタビュー

スペシャリスト

水野 弁理士さんは、聞いたことはあっても実際にどんなお仕事をされているのか、あまりイメージが湧かなくて・・・。

伊藤 そう感じる方は多いと思います。弁理士は、言うなれば特許や商標などの知的財産権を専門にした法律家です。他者権利の調査から、権利取得手続き、訴訟案件なども扱います。ただ、権利の取得はゴールではなくスタート。どのように権利を取得するか、そして取得後にどのように活用するかによって、知財の価値が変わります。

水野 なるほど。どれだけ生かせるかは弁理士さんにかかっていると。

伊藤 ええ。まさに弁理士の腕の見せどころですね。当所はコンサルティングも含め、取得してからも親身にサポートしていますから、専門家として何でも頼って頂きたいですね。また、特許は取得すると技術を公開しなければならないので、時には「戦略的に取得しないほうが良い」とお伝えすることもありますよ。

水野 「知的財産は何となく難しい」という印象を抱いていましたが、所長のお話を聞くととても分かりやすいです。

伊藤 クライアントも詳しくない方が多いので、専門用語を言い換えるなど、ご理解頂けるような説明を心掛けています。そうして信頼関係を築き、良い権利を取得できて感謝して頂けたときに、大きなやりがいを感じるんです。

水野 所長のサポートによって救われる中小企業は多いと思います。今後の展開についてはどのようにお考えですか?

伊藤 事務所の規模を拡大するというよりも、“中小企業を親身にサポートする”という姿勢を貫き続けます。また、愛知県では、知的財産への意識は高いですが、隣の三重県ではまだその重要性を理解されていない中小企業が多いのが現状です。積極的にセミナーなども開催しつつ、これからも中小企業の活躍を応援していきたいと思います。

GUEST COMMENT

水野 裕子

「中小企業の経営者様はさまざまな個性をお持ちで、学ぶことが多くお付き合いするのが楽しい」と伊藤所長。専門的なことも分かりやすく説明してくださり、柔らかなお人柄が伝わってきましたから、知的財産についてお悩みの方はぜひ何でも相談してほしいです。事務所のますますのご活躍を応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則