インタビュー

スペシャリスト

I.T.O. 特許商標事務所

三重県三重郡川越町出身。関西大学工学部を卒業後、大手食品メーカーに入社するが、知的財産権のスペシャリストである弁理士に興味を持ち、思い切って知財業界へ転身。2004年に20代という若さで弁理士登録。複数の特許事務所で幅広い経験を積み、2016年にI.T.O.特許商標事務所を設立した。

I.T.O. 特許商標事務所
住所 [名古屋オフィス]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-17-30 河越ビル6F
[三重オフィス]
〒510-8121
三重県三重郡川越町高松331-2
URL http://www.geocities.jp/itopattm/

水野 まず、伊藤所長が弁理士を目指されたきっかけを教えてください。

伊藤 大学卒業後のメーカー勤務時代に、弁理士の存在を知りました。弁理士は技術に関する特許発明を扱うので、士業の中でも珍しく理工系の方が圧倒的に多いんです。「理工系出身の法律家」という特殊性に惹かれたことが、この道を志したきっかけです。

水野 では、独立の経緯についてはいかがでしょう。

伊藤 小規模事務所を経て、大手の特許事務所に10年所属し副所長を務め、その間に幅広い経験を積みました。そこで所長就任のお話も頂きましたが、大手事務所ならではの葛藤もあって。というのも、中小企業はせっかく素晴らしい技術や製品があっても、知的財産の面で生かしきれていない場合が多いです。しかし、大手事務所では大企業の案件に追われがちなため、中小企業に対して十分なサポートを行うのが難しい。そこで、大企業はもちろん中小企業にもより親身なサポートを行うため、独立した次第です。

1 2


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 名高達男 杉田 かおる 畑山隆則