インタビュー

サービス

コーヒー&紅茶のY’H CAFE

ホテルに勤務し、バーの責任者やレストラン部内の運営を担当。体調不良での休職中に淹れてもらったコーヒーに感動し、コーヒーの道へ進むことを決意する。その後、カフェ巡りをしつつ事業資金を貯め、バリスタとティーアドバイザーの資格を取得。日本初となる出張専門のバリスタ「コーヒー&紅茶のY’H CAFE」を開業した。

コーヒー&紅茶のY’H CAFE
URL http://yhcafe.net/

水野 まずは、長谷代表のこれまでの歩みをお聞かせください。

長谷 私は長年、ホテルマンとしてバーの責任者やレストランの運営を担当していたのですが、体調を崩してしまい・・・。そんな時、ホテルでお世話になっていた先輩が「コーヒーを飲みにおいでよ」と誘ってくださったんです。その方のコーヒーを飲んだ途端、口に広がった苦味や甘みに心から感動して。その瞬間に「この感動を1人でも多くの方に伝えよう」と決意しました。それからは体調の回復に努めながら毎日いろいろなカフェを巡って勉強。バリスタやティーアドバイザーといった資格を取得したタイミングで開業した次第です。

水野 出張を専門とされているそうですが、この業態を選ばれたのには、どんな理由があったのでしょう。

長谷 最初は実店舗のカフェ運営を考えたのですが、開業前に友人のホームパーティーに招かれてコーヒーを振る舞った際、とても喜んでもらえて。それで、「店舗にこだわらなくても自分のやりたいことはできるんだ」と気付けたことから、日本初の出張専門バリスタとして挑戦しようと決意しました。

1 2


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則