インタビュー

サービス

コーヒー&紅茶のY’H CAFE

ホテルに勤務し、バーの責任者やレストラン部内の運営を担当。体調不良での休職中に淹れてもらったコーヒーに感動し、コーヒーの道へ進むことを決意する。その後、カフェ巡りをしつつ事業資金を貯め、バリスタとティーアドバイザーの資格を取得。日本初となる出張専門のバリスタ「コーヒー&紅茶のY’H CAFE」を開業した。

コーヒー&紅茶のY’H CAFE
URL http://yhcafe.net/

水野 まずは、長谷代表のこれまでの歩みをお聞かせください。

長谷 私は長年、ホテルマンとしてバーの責任者やレストランの運営を担当していたのですが、体調を崩してしまい・・・。そんな時、ホテルでお世話になっていた先輩が「コーヒーを飲みにおいでよ」と誘ってくださったんです。その方のコーヒーを飲んだ途端、口に広がった苦味や甘みに心から感動して。その瞬間に「この感動を1人でも多くの方に伝えよう」と決意しました。それからは体調の回復に努めながら毎日いろいろなカフェを巡って勉強。バリスタやティーアドバイザーといった資格を取得したタイミングで開業した次第です。

水野 出張を専門とされているそうですが、この業態を選ばれたのには、どんな理由があったのでしょう。

長谷 最初は実店舗のカフェ運営を考えたのですが、開業前に友人のホームパーティーに招かれてコーヒーを振る舞った際、とても喜んでもらえて。それで、「店舗にこだわらなくても自分のやりたいことはできるんだ」と気付けたことから、日本初の出張専門バリスタとして挑戦しようと決意しました。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒