インタビュー

建築

株式会社 GSP

代表取締役 宇津野 直幸
学業修了後はとび職人として働きながら、夜間に水道工事に携わる。26歳で独立して水道工事業を本格的に開始。配管や内観工事など得意分野を持つ仲間が次々と集まり、順調に業容を拡大。2012年に(株)GSPへと改組し、現在は水漏れ工事から内装復旧工事まで、水回りのことをトータルで手掛けている。

山口 拓真
もともと別会社に勤めていたが、2015年頃に宇津野氏と出会ったことを機に、退職後は(株)GSPへ入社。エアコン交換・洗浄を得意としており、現在は水道工事をはじめ、新たな技術の習得に励んでいる。

株式会社 GSP
住所 〒467-0825
愛知県名古屋市瑞穂区柳ヶ枝1-4
URL http://www.aoiumi-gsp.com/

建物の経年劣化に伴い必ず発生する水漏れ・水詰まりのトラブル。そんな水回りの問題から、エアコン交換、リフォームまで幅広く対応しているのが、(株)GSPだ。少数精鋭のチームを率いる宇津野社長と、同氏の下で活躍する山口氏に、女優の杉田かおるさんが迫った。


専門分野を持つ仲間が集って

杉田 宇津野社長が水道工事会社を設立された経緯からお聞かせください。

宇津野 私はもともと重量とびの職人として働いていたのですが、次第に夜間だけ水道工事に携わるようになりまして。昼はとび職人として勤務し、夜は水道工事を個人で請け負うという生活を3年間ほど続けました。そうして技術を磨いていく中で、完全独立しようか迷っていた矢先に、祖母、そして愛犬に不幸が重なり・・・。本当に落ち込んだのですが、逆にそれで気持ちの整理も付き、とび職を辞めて、26歳で水道工事業を本格的にスタートさせました。

杉田 辛い時期を乗り越えられ、プラスのエネルギーへと転換されたのですね。

宇津野 ええ。最初の頃は排水の詰まりの工事などに対応していたのですが、そのうち配管工事ができる人材が入って来て、技術を教えてもらうようになりました。そして仕事の幅が広がったため、2012年に(株)GSPとして法人化した次第です。さらにその後、たまたま内装工事を得意とする人材も入社してくれて。そのため、現在は水回り工事全般から、内装の復旧工事、リフォームまでをトータルで手掛け、さまざまな依頼を請け負っています。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則